梅しそ鶏チャーシューのレシピ・作り方【梅と大葉でさっぱりジューシー!】

梅しそ鶏チャーシューのレシピ・作り方トップ画像

甘辛タレと梅と大葉。ジューシーなのにさっぱり食べれちゃう「梅しそ鶏チャーシュー」。

 

梅干しの酸味と大葉のさわやかな香りが食欲を刺激!しっかり目の味付けで食欲がない時でもご飯が進む1品です。

調理時間 20分程度

スポンサーリンク

梅しそ鶏チャーシューのレシピ・作り方

梅干しはチューブの物でも◯。甘めの梅干しを使うときは砂糖の量を少し減らしてください。

材料(2〜3人分)

  • 鶏もも肉    2枚(1枚250g程度)
  • 梅干し     7〜10個
  • 大葉      10枚
  • 塩・こしょう  少々
  • ◎醤油     大さじ2
  • ◎酒      大さじ2
  • ◎みりん    大さじ1
  • ◎砂糖     大さじ1
  • タコ糸     適量

1.下準備

開いた鶏もも肉と大葉、ペースト状の梅干し、

鶏もも肉は余分な油を取って厚さを揃える。皮がちぢまないようにフォークなどで数カ所さして塩・こしょうを振っておく。

 

大葉はくきの部分を切り落とし、梅干しはタネを取り除きペースト状に刻んでおく。量の目安はペースト状で大さじ2程度

2.鶏もも肉をタコ糸でしばる

鶏もも肉に大葉と梅干しペーストを乗せている

まな板に鶏もも肉を長い方を横向きにおき、手前側に大葉を5枚並べて梅干しペーストを大さじ1塗り広げる。

タコ糸で縛った鶏もも肉

手前から奥に巻き込み、タコ糸を1cm間隔で巻きつける。もう一枚も同じように作る。

 

しっかり形が崩れないように巻いておくのがポイント!タコ糸のはじめは固結び、最後は近いタコ糸に2〜3回巻き込んで閉じておきましょう。

 

はみ出た梅干しは焦げやすいので拭き取っておくと◯。

3.焼き色をつける

フライパンでタコ糸で縛った鶏もも肉を焼いている

フライパンを強めの中火にかけ少し油をしき、鶏もも肉をとじ目を下にして入れる。

 

しっかりと焼けたら返し、そのほかの面もきれいなきつね色に焼き色をつける。

4.ふたをして蒸し焼き

調味料を加えて蓋をしている

油が多く出ているようなら軽く拭き取り、とじ目を下にして◎の調味料を加えて一度煮立たせる。

 

しっかりと煮立ったら弱火にしてふたをして7分、さらに裏返して5分蒸し焼きにする。

5.タレを煮詰めて出来上がり!

煮詰めてタレがよく絡んだ梅しそ鶏チャーシュー

時間がたったらふたを取り少し火を強め、ときどき鶏肉を返しながらタレにとろみがつくまで煮詰めたら出来上がり。たっぷりとタレをかけてお召し上がりください。

 

切り分けるときは、包丁をぎこぎこさせないようにスーッと一回で切ると崩れずきれいな断面になります。

梅しそ鶏チャーシューのレシピ・作り方まとめ

こってりしたチャーシューも梅と大葉を入れるとさっぱり!香りも良くて匂いをかぐだけでお腹がなること間違いなし。どんぶりやおつまみにもおすすめな梅しそチャーシューぜひお試しください。白髪ねぎを添えても◎♪

鶏もも肉のレシピ・作り方【フライパンで簡単しっとりジューシー!】
「鶏もも肉のチャーシュー」のレシピ・作り方。甘辛のタレがジューシーな鶏もも肉にツヤっと絡み、ご飯やお酒が進む1品...
鶏もも肉とかぶの梅照り焼きのレシピ・作り方【甘酸っぱさがたまらない!】
鶏もも肉とかぶの梅照り焼きのレシピ・作り方。ジューシーな鶏肉とトロッと柔らかいかぶに、梅の爽やかな酸味が効いた照...
タイトルとURLをコピーしました