岩塩とは?普段の塩とどう違うの?【使い方やおすすめの岩塩を紹介!】

岩塩とは?普段の塩とどう違うの?画像

ミルを使ってカリカリと料理に振る姿がおしゃれな「岩塩」。使っているだけで料理上手なイメージがある岩塩ですが、普段使う海塩や食塩とどう違うのかご存知ですか?

 

今回は「岩塩」とはどういった塩なのか、そのほかの塩との違いは何かなど特徴や使い方を紹介。岩塩を上手に使いこなして料理の腕をワンランクアップさせちゃいましょう!

スポンサーリンク

岩塩とは?普段の塩とどう違うの?

器に入ったブロック状の岩塩

ピンクや赤い色をした石のような岩塩。おしゃれな見た目から買ってみたはいいけど使い道がわからない、なんとなくカリカリとミルで挽いているという方も多いのではないでしょうか。

 

そんな岩塩の特徴を覚えて使い分けると素材を生かした料理が楽しめるようになりますよ!

岩塩の特徴

それでははじめに岩塩がどうやってできるのか、色が付いているのはなぜかなど特徴をみていきましょう。

岩塩のでき方

岩塩山

岩や石のような見た目から「岩塩(がんえん)」とついている塩ですが、ただのしょっぱい石ではありません。

 

海だった場所が地殻変動で海水が陸地に閉じ込められ、時間をかけて塩分だけが残り結晶化した塩の塊が岩塩です。他にも塩分を含む塩湖と呼ばれる湖の水分が蒸発して固まった結晶も岩塩と呼ばれます。

 

岩塩の取り方は岩塩の地層になった場所を掘り出して取る方法と、その地層に水や海水を流し込んで一度液体にしてから汲み取る方法があります。

岩塩の産地

海に囲まれた日本では塩というと「海塩(食塩)」がよく使われますが、世界の塩の生産量の2/3近く(約60%)は岩塩なんです。

 

残念ながら日本では取れませんが、生産量が多いアメリカやドイツ、ヨーロッパをはじめ世界中に岩塩の採掘場があり、ポーランドの岩塩採掘場は世界遺産にもなっています。

 

アジアではパキスタンやネパール、チベットなどのヒマラヤ山脈で取れるヒマラヤ岩塩(ヒマラヤソルト)が有名です。

味わいや特徴

机に広げた粒状の岩塩

岩塩の主な特徴は「ミネラル豊富」なことと「水に溶けにくい」こと。

 

もともとは海水の岩塩は、海水に含まれるミネラルも一緒に結晶化しています。そのためゴツゴツした見た目と反してまろやかで角のない味わい

 

ですが硬く結晶化した塩なので溶けにくく、料理の仕上げに振りかければ素材の味を邪魔せず、塩の旨味をしっかり感じることができます。

色による違い

ピンク色・赤色・黒色の岩塩

岩塩と言えばピンク色をイメージする方も多いかと思いますが含まれる成分によって、白やピンク、濃い赤、黒、青みを帯びたものまで様々です。

 

よく見るピンク色の岩塩には鉄分が含まれるため。黒っぽい岩塩には硫黄が含まれていてほんのり温泉街のような香りがしたりします。

 

ピンクや白の物がクセがなく使いやすいですが、それぞれの色で香りや味わいが変わってくるので、スパイスのように楽しむのもおすすめです。

普段の塩との違いは?

塩といっても今回紹介する岩塩から海水から取れる「海塩」や湖から取れる「湖塩」、化学製法で作られるものまで様々な種類があります。

 

普段使う塩はどういった塩で岩塩とはどんな違いがあるのかみていきましょう。

日本で一般的なのは「海塩」

海塩(食塩)の画像

岩塩が取れない日本では、海に囲まれていることもあり海水から取れる「海塩」がよく使われています。

 

海塩には海水を蒸発させたり煮詰めたりして自然・天然の力で作られる物と、化学製法で塩味だけを取り出した「精製塩」の2種類。

  • 自然・天然の製法(自然塩・天然塩)

ミネラルが豊富でしっかりとした塩気がありながらまろやかな味わいが特徴

 

  • 精製塩

食塩」とも呼ばれている塩で、ミネラルや旨味は少ないけど比較的安いのが特徴。

 

どちらも水に溶けやすくどんな料理でも使いやすいのが海塩の特徴です。

粗塩との違いとは?

ポットに入った粗塩

粒が荒くしっとりとした「粗塩」は海塩の1つ。海塩の中でも粒が大きく、にがりが多くふくまれている塩のことです。

 

海塩と同じようにミネラル豊富。そしてにがりが含まれる分複雑な味わいに。

 

仕上げ(ふりかけたり)には向きませんが、味付けから塩もみ、板ずりと言った下ごしらえにもぴったりな塩です。

クリスタルソルトは岩塩じゃない

岩塩のような見た目のクリスタルソルトも実は海塩の1つ。

 

粒状の見た目は岩塩そっくりですが、クリスタルソルトは海水を日光や風などの自然の力で蒸発させて結晶化させたものです。

 

特徴は海塩とほとんど変わりませんが、粒が大きい分塩気の感じ方はマイルド。大きめの粒の海塩と思っておけば◯。

 

※岩塩の中にも透明度の高いものや白系の物に「クリスタル岩塩」や「〇〇岩塩クリスタル」といった商品もあります。

岩塩の使い方

旨味のある塩気と水に溶けにくい特徴がある岩塩。単に塩気をつける以外にも特徴を生かした使い方があるのでいくつか紹介していきます。

料理での岩塩の使い方

ミルで挽いてステーキやサラダの仕上げに

岩塩とソルトミルとおろし金

米粒サイズの粒状で売られていることが多い岩塩は、ミルとセットで使うのがベター。ゴロゴロとした岩状の岩塩はおろし金ですりおろして使います。

 

ミルで挽いてしまえば海塩などと同じように使えますが、水に溶けにくい特徴があるので、塩もみなどの下ごしらえにはあまり向きません。

ステーキの画像

岩塩と相性のいいのがステーキや魚介類のグリル、サラダの仕上げのひと振り。表面に水分や油が付いていても粒が溶けにくいので、しっかりと旨味のある塩気を感じることができます。

 

またハーブと一緒にミルで挽いたり、挽いた岩塩にハーブを混ぜてオリジナルのミックスソルトを作るのもおすすめです!

粒のままは本格的なマリネにおすすめ!

岩塩とハーブでマリネした豚肉

粒の状態の岩塩は時間をかけて漬け込むマリネにおすすめ。特にパンチェッタやコンフィなど本格的なマリネをするときにぴったりです。

 

粒の岩塩が適度にお肉を引き締めて水分が抜けるのと同時に染み込むので、中までまんべんなく塩味をつけることができます。

飾り付けやデコレーションにもぴったり!

スノースタイルにしたグラス

水に溶けにくくピンクなど色がついた岩塩はデコレーションにも活躍!

 

カクテルのソルティードックのようにグラスの縁に塩をまぶしたスノースタイルや水気の多い料理やデザートでもミルで挽いた粗めの粒感はお皿の上を鮮やかにしてくれます。

 

ホームパーティーなどでテーブルの料理にミルで挽く姿は、味だけでなく見た目も楽しめるアイテムとしてもおすすめですよ。

入浴やスキンケアにも使える!

岩塩とスキンケアグッズ

岩塩は料理だけでなく、抗酸化作用があることからバスソルトやスキンケアとしても人気のある塩でもあります。

 

特に黒っぽい岩塩や「ブラックソルト」と呼ばれる物には硫黄が含まれているので、自宅にいながら温泉気分を味わうことができちゃいます!ほかにもはちみつやオリーブオイルと混ぜで自家製「岩塩スクラブ」を作ることも!

 

料理の物はスキンケアにも使えるので大容量のものがおすすめ。注意点としては食用はスキンケアにも使えますが、スキンケア用・バスソルト用は食用には使えないので買うときにチェックしましょう。

人気おすすめの「岩塩」10選!

最後に人気でおすすめの岩塩を10個紹介!初めて岩塩を使う方にもおすすめのミル付きから後半では岩塩ベースのミックスソルトやちょっと変わった岩塩を紹介していきます。

モントスコ ピンクヒマラヤソルト(セラミックミル) 90g

モントスコ(MONTOSCO) ピンクヒマラヤンソルト(セラミックミル) 90g

スタイリッシュなミルに入った「モントスコ」の「ピンクヒマラヤソルト」。ヒマラヤ山脈で取られた岩塩でミネラル分が豊富!

 

何と言っても岩塩を初めて買う方でもすぐに使えるおしゃれなミル付き!粒の挽き加減(粗さ)を調整できるセラミック製の刃が付いているので、これ1つあれば下味から仕上げ、飾りつけまで様々な場面で活躍してくれます。

 

さらにミルは詰め替えできるのでミルごと買い換える必要がないのもポイント!岩塩を初めて使う方から粒の粗さを変えてこだわりたい方までおすすめな商品です。

アルペンザルツ 岩塩 250g

アルペンザルツ 250g

卓上塩のように手軽に使える「アルペンザルツ」の岩塩。ドイツのアルプス山脈のふもとにある岩塩層で作られる岩塩で、しっかりとコクがありながらもマイルドな味わい。

 

初めからさらさらと粒が細かいので普段の塩と同じように使えるのがポイント。蓋には卓上で活躍する小さめの穴と調理中にも多めに多めに出せる出し口が付いています。

 

白く色が付いていないタイプの岩塩でクセがなくどんな料理とも相性◯。手元に置いてサッと手軽に使いたい方におすすめです。

ファン プレミアムピンクソルト パウダータイプ 2kg

ヒマラヤ岩塩 天然 ミネラル たっぷり プレミアム ピンクソルト そのまま使える パウダー タイプ ミル 不要 食用 粉末 (2kg)

ファンの「プレミアムピンクソルト」はパウダータイプで使い勝手抜群!ヒマラヤ山脈のミネラルたっぷりの岩塩がきめ細かいパウダーに。

 

水に溶けにくい岩塩ですがパウダー状なので溶けやすく、少量でも塩味と旨味を感じることが出来るので、普段の味付けから天ぷらやおにぎりの塩としてもおすすめ。

 

マイルドな塩味の岩塩ですが、パウダータイプの塩は普段と同じ量で調理すると塩味を強く感じやすいので、普段より少なめにすると◯。料理だけでなくバスソルトとしても使いたい方にもおすすめの岩塩です。

プレミアムピンクソルト パウダータイプ
Premium Pink Salt(プレミアムピンクソルト)

シェフズチョイス ヒマラヤ岩塩(ミル用) 1kg

シェフズチョイス BRC認証 ヒマラヤ岩塩 1kg (ミル用) ピンクソルト オーストラリアブランド Himalaya Pink Rock Salt

オーストラリアのオーガニックブランド「シェフズチョイス」の「ヒマラヤ岩塩」は高い品質でレストランでも使われる人気の岩塩。

 

ヒマラヤ岩塩の中でもパキスタンで取れるグレードの高い岩塩を、オーストラリアの品質衛生認証規格「BRC」を受けた施設で加工しパッキング。

 

添加物や着色料など余計な物が一切使われていないので安心・安全!徹底した品質管理で作られるのにも関わらず値段もお手頃なのもおすすめのポイントです!

ヒマラヤ岩塩(ミル用) 1kg
Chef's choice(シェフズチョイス)

白松 ヒマラヤ岩塩 塊 100g おろし金付き

ヒマラヤピンク岩塩 塊 100g おろし金付

こちらはヒマラヤ岩塩の塊が丸々入った白松の商品。付属のおろし金でカリカリとおろして料理にまろやかな塩味をプラス!

 

岩塩って本当に岩なんだ!と見た目も使う時も楽しくなっちゃいますよ。おろした岩塩はさらさらときめ細かい粒になるのでステーキや焼き鳥、おにぎりにもぴったり!

 

ちょっと使いやお子様と一緒に楽しむのにおすすめ。付属のおろし金は少し小さめなので、頻繁に使うときは大きいおろし金を用意すると◯。

クレイジーソルト 113g

クレイジー ソルト 113g

サッと振りかけるだけでハーブの香るおしゃれな味わいが人気の「クレイジーソルト」も実は岩塩がベースなんです!

 

ハーブの香りと岩塩の旨味でどんな料理もおしゃれな仕上がりに。岩塩と相性がいいステーキなどのお肉、魚介類のグリルにサッと振りかければ料理のグレードが一気に上がっちゃいます!

 

細かく出せる小さめの口と広口の2種類の出し口で卓上でも調理中でも便利に使えるのもポイントです。洋風の料理をよく作る方やたくさんスパイスを用意できない一人暮らしの方にもおすすめです!

シェフズチョイス ヒマラヤピンクソルトWiht4シーズンミックスペッパー 2段階ミル

[Chef's choice]ヒマラヤピンクソルトwith 4シーズンミックスペッパー 2段階ミル

先ほども紹介したオーストラリアのオーガニックブランド「シェフズチョイス」からはヒマラヤ岩塩をベースにしたミックスソルトが沢山出ています。

 

その中からペッパー(胡椒)とのミックスソルトを紹介。品質の高いヒマラヤのピンクソルトをベースに、ブラック・ホワイト・グリーン・ピンクペッパーの4種類の胡椒をブレンド。

 

挽きの粗さを2段階で調整できるミルに入って、料理の下味から仕上げまでこなしてくれます。マイルドな岩塩の塩味と刺激的なペッパーで料理がワンランクアップ!

 

この他にもレモンピールやポルチーニ、ハーブなど様々なミックスソルト(シーズニング)があるのでぜひチェックしてみてくださいね。

ロイヤルバスソルト 奇跡の岩塩 ピンクミルタイプ 1kg

奇跡の岩塩【食用】ピンク ミルタイプ ヒマラヤ岩塩 (1㎏)

1kgの大容量!料理にもバスソルトにもおすすめの「奇跡の岩塩 ピンクミルタイプ」。

 

パキスタン政府が公認しているヒマラヤ岩塩の中でも最高品質の「ROSA」を使用したこちらの商品。不純物が少なくミネラル豊富で岩塩の旨味をしっかり感じることができます。

 

ミルを別途用意する必要はありますが大容量1kgでリーズナブルな価格設定なので、料理からお風呂にもたっぷり使いたい方におすすめです。

 

バスソルトとして使うときに岩塩を入れる「入浴用オーガンジーポーチ」や計量スプーン、ストックと調味料棚に分けて保存できるラミジップタイプの袋もセットになっているものポイント!

KISEKI ヒマラヤ岩塩 ロックソルトブラック 1kg

ヒマラヤ岩塩 ロックソルト ブラック 粗粒 2-3mm 食用 1kg

黒い見た目と硫黄の香りが特徴の2〜3mmサイズの黒いヒマラヤ岩塩。普段の料理にミルで挽いてサッと振りかければ硫黄の香りがアクセントに、岩塩の旨味で素材を引き立てます。

 

ほんのりと香る硫黄はブラックソルトならでは。食用だけでなくバスソルトとして使えば、温泉に浸かったように体の芯からポカポカに!

 

普段から岩塩を使っていて料理にこだわりたい方やバスソルトとしてよく使う方におすすめです。

キャプテンスタッグ ヒマラヤ産 岩塩プレート

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー 調味料グッズ ヒマラヤ産 岩塩プレート 天然岩塩 ソルト 遠赤効果 M-9420

最後に紹介するのはちょっと変わった岩塩、BBQや焼肉おすすめな「キャプテンスタッグ」の「岩塩プレート」。岩塩をプレート状にカットしたこの商品、なんと炭火や直火に乗せて鉄板のように使います!

 

遠赤外線効果で食材をじっくり焼き上げ、岩塩プレートが余分な水分や油を吸収。ただ焼くだけで旨味の詰まった岩塩の塩気が食材についていいこと尽くし!

 

手入れをすれば繰り返し使えるので、BBQやお家焼肉に大活躍間違いなし!お肉を贅沢に楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

岩塩とは?普段の塩とどう違うの?まとめ

今回は岩塩の特徴や使い方を見てきましたがいかがでしたか?特徴を覚えて料理をワンランクアップさせちゃいましょう!おしゃれでテーブルを華やかに飾るアイテムとしてもおすすめの岩塩。ぜひ普段の塩と使い分けて岩塩を楽しんでみてくださいね。

\岩塩以外の塩の種類もチェック!/

塩の種類・選び方【こんなにあるの?食塩,粗塩,岩塩,海塩,おすすめも】
みなさんはどんな塩を使ってますか?食塩や粗塩、岩塩や海水塩など様々な塩があり、買うときに迷った経験があるかと思います。今回は 塩の種類と選び方を紹介!作り方や原材料など、様々な種類があり、使い方に合わせて選ぶことで、食材を引き立て料理をよりおいしくしてくれます。
タイトルとURLをコピーしました