食べるラー油のレシピ・作り方【桜えびがふわっと香る!万能調味料】

食べるラー油のレシピ・作り方まとめ

ご飯や餃子はもちろん!炒め物やパスタにも使える自家製「食べるラー油」。たっぷりの桜えびとにんにくや生姜、ねぎの風味がぎゅっと詰まった食べるラー油が自宅で簡単に作れます!

 

常温で保存もできるのでたっぷり作って作り置き万能調味料としてもおすすめですよ♪

調理時間 20分程度

スポンサーリンク

食べるラー油のレシピ・作り方

粉唐辛子は辛みの少ない韓国産の物を。桜えびは干しえびでも◯。

材料(作りやすい分量)

  • 桜えび(乾燥) 20g
  • にんにく    3片
  • 生姜      大1片(20g程度)
  • ネギの青い部分 1本分
  • 鷹の爪     1本
  • 粉唐辛子    大さじ3
  • いりごま    大さじ1
  • ◎コチュジャン 大さじ1と1/2
  • ◎醤油     小さじ2
  • ◎砂糖     小さじ1
  • サラダ油    100ml
  • ごま油     50mlと大さじ1

1.下準備

香味油の材料(ネギの青い部分、薄切りにした生姜、鷹の爪)

生姜は皮を剥き厚めの薄切りに。ねぎの青い部分はサッと洗いキッチンペーパーなどで水気を拭き取る。

 

鷹の爪は種を取り出しておく。

ボウルに入れた食べるラー油の材料

にんにくは皮を剥いてみじん切り、桜えびは粗めに刻んでおく。

 

ボウルに刻んだ桜えびとにんにく、粉唐辛子といりごまを入れごま油大さじ1を加えて混ぜ合わせておく。

 

この後に高温に熱した香味油を加えるので、ステンレスなど金属製の耐熱温度の高いボウルを使いましょう。

混ぜ合わせた桜えびと粉唐辛子など

このレシピでは香りをより楽しめるように辛みは少なめ。辛くしたい時はこのボウルに輪切りの鷹の爪を加えても◯。

2.香味油を作る

焦げる手前まで炒めた香味油

フライパンにサラダ油とごま油、ねぎの青い部分と生姜、鷹の爪を加えてごく弱火にかけ、じっくりと焦げる寸前まで炒める。

 

全体が茶色くなってきたら全て取り出し、強火にして煙が出るぐらいまで熱する。

3.香味油を注ぐ

桜えびや粉唐辛子の入ったボウルに香味油を注いでいる

香味油がしっかりと温まったら、粉唐辛子や桜えびが入ったボウルに少しずつ注ぐ。

 

勢いよく注ぐと跳ねることがあるので、少しずつ2〜3回に分けて注ぎましょう。

4.調味料で味付けする

コチュジャンや醤油、砂糖で味を整えた食べるラー油

ボウルが熱くなっているので火傷に注意しながら、◎の調味料(コチュジャン・醤油・砂糖)を入れてよく混ぜ合わせたら完成!

 

粗熱が取れたら清潔な保存容器に入れ常温または冷蔵で保存してください。3ヶ月程度日持ちしますが、出来るだけ早めに食べきるようにしましょう。

食べるラー油のレシピ・作り方まとめ

実は簡単に作れる食べるラー油。桜えびたっぷりで口に入れた瞬間ふわっと香りが広がります。ラー油としての使い方はもちろん、パスタやパンにたらすのもおすすめ!ちょこっとたらすだけで一気に料理が本格的に。ぜひお好みの食べ方を見つけてみてくださいね。

自家製「コチュジャン」のレシピ・作り方【簡単本格!1年保存可能】
韓国料理に欠かせない「コチュジャン」。味噌を使えば発酵させる手間なし!火にかけながら混ぜ合わせるだけで本格的な自...
タイトルとURLをコピーしました