コンソメとブイヨンの違いとは?代用品や特徴、使い分け方を紹介!

コンソメとブイヨンの違いトップ画像

スープやソース、煮込みなど様々なレシピで登場する「コンソメ」と「ブイヨン」。なんとなく使っているけどその違いや使い分け方まで知っている方は少ないかと思います。

 

「コンソメ」=「ブイヨン」と思っているとレシピを最大限に生かしきれていないかも、、今回はその違いや使い分け方、代用できるかを紹介!ぜひそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

コンソメとブイヨンの違いとは?

よく並んで売られている「コンソメ」と「ブイヨン」。見た目も似ているし同じ物に見えますよね。

 

でも実は違うもの。間違えるてせっかくの料理が台無し、、なんてことにならないよう違いを紹介していきます。

違いは「だし」か「スープ」か!?

フランスのイメージ画像

「コンソメ」と「ブイヨン」特にコンソメは日本でも料理からスナック菓子などで馴染みのある言葉ですが、どちらもフランス語です。

 

コンソメは「完成された」、ブイヨンは「だし」というフランス語で。それぞれ違った物になります。

 

違うと言っても後で詳しく紹介しますが、ブイヨンをベースに仕上げたのがコンソメになるので、ここではそれぞれの語源を覚えておきましょう。

ブイヨンとは?

ブイヨンは先ほども紹介したようにフランス語で「だし」という意味。日本でいうと鰹だしや昆布だしのような味付けをしていない、料理のベースになる物です。

 

ですが日本のだしと違って、たくさんの材料を半日近く時間をかけてじっくり煮込んで作られます。

ブイヨンの材料

ブイヨンのイメージ画像

ブイヨンの材料は鶏ガラや牛すじなどと一緒に、セロリやにんじん、玉ねぎなどの香味野菜、パセリやローリエなどのハーブで作られます。

 

肉の他にも魚で作るものや野菜だけで作られる物も。

 

ちなみにこのブイヨン、英語では「スープストック」と呼ばれ、チキンストックやビーフストックなど、作るのに使われた食材名が最初につきます。

コンソメとは?

固形コンソメの画像

コンソメと言えば日本では顆粒や固形のものが定番の調味料として使われていますが、「完成された」というフランス語の通り、本来は濁りがなく琥珀色の立派な「スープ」です。

 

ブイヨンをベースに味を整えて作りますが、日本のすまし汁と違って味を整えるだけでなく、ブイヨンをさらに野菜やお肉を入れて煮込んで作ります。

コンソメの材料

香味野菜イメージ画像

※イメージ画像

コンソメは先ほど紹介したブイヨンをベースに、さらに肉や魚と香味野菜を加えて煮込んで作られます。

コンソメスープイメージ画像

※イメージ画像

濁りを出さないために、こまめにアクを取りながら透き通った琥珀色に煮込み、塩・こしょうで味付けをして仕上げます。

 

濁らせないために卵白を加えてアクを吸着させて煮込むこともあり、さらに野菜を焦がして綺麗に琥珀色に仕上げる方法も。

コンソメとブイヨンの使い分け方

なんとなくそれぞれの違いについてわかったかと思います。それではどのように使い分けると良いのかをみていきましょう。

ブイヨンの使い方

スープを煮込んでいる

ブイヨンはフランスの「だし」なので、煮込み料理に使ったり、スープのベースにしたりと日本のだしと同じように使う事ができます。

 

野菜の香りや旨みが料理を引き立ててくれるので、料理のレベルをグッとあげてくれます。

 

コンソメに加えると風味やコクは少ないですが、味付けがされていないので素材の味を生かした調理に最適です。

コンソメの使い方

コンソメを使った料理イメージ画像

※イメージ画像

コンソメ、特に一般的によく使われるコンソメスープの素や固形・顆粒のコンソメは、そのままお湯にといてスープにしたり、味付けとして使えます。

 

この固形・顆粒コンソメはしっかりと味がついているので、単にそのまま調味料としてもよく使われ、ポトフなどはコンソメスープで野菜を見込むだけで美味しく仕上がります。

それぞれの代用方法

それでは「コンソメ」と「ブイヨン」はそれぞれ代用できるのかを紹介していきます。

コンソメでブイヨンを代用するには

ブイヨンがベースで作られるコンソメ。こう聞くとどちらも同じように使えそうに思いますが、先ほども紹介したようにコンソメは味付けされた立派なスープです。

 

そのため、ブイヨンをコンソメで代用しようとすると塩気が強くなってしまいます。

 

代用できなくはないですが、味が濃くならないように工夫が必要です。またコンソメを使うとよくも悪くもコンソメ味になりがちなので、素材を生かしたい料理には向きません。

 

味噌汁がだしを使わなくても作れるように、ブイヨンがないときは使わないで水で代用する方法も選択肢の1つです。

ブイヨンでコンソメを代用するには

ブイヨンをコンソメの代用として使うには、味付けをすることで可能です。

 

コンソメより風味がさっぱりとしているので、野菜やベーコンなどと一緒に煮込んでスープにしたりするとだしが出て美味しく仕上がります。

 

自分なりの味付けができるので、あえてブイヨンを使って調理するのもおすすめですよ。

コンソメとブイヨンの違いとは?代用の方法まとめ

コンソメとブイヨン、それぞれ「出来上がったスープ」か「だし」かの違いだけでも頭に入れておくと選ぶ時に迷わなくなると思います。さらに使い分けれるようになるとグッと料理のレベルが上がりますよ!

タイトルとURLをコピーしました