肉巻きおにぎりのレシピ・作り方【冷めても美味しい硬くならない!】

肉巻きおにぎりのレシピ・作り方画像

ボリュームたっぷり!冷めても美味しい「肉巻きおにぎり」。豚肉を酒をふっておくとこでしっとり柔らかく。ご飯にはごま油を混ぜ合わせて、冷めても硬くならずに香り良く仕上がります。

 

甘辛いタレがしっかり絡みがっつり!味が馴染みにくいご飯には生姜といりごまをプラス。これ1品で大満足な肉巻きおにぎりです。

調理時間 30分程度

スポンサーリンク

肉巻きおにぎりのレシピ・作り方

豚肉はもも肉でも◯。

材料(3〜4人分)

  • 豚ロース(薄切り)   8枚
  • 酒           大さじ1
  • 塩・こしょう      少々
  • ご飯          500〜600g
  • 生姜          1片
  • ごま油         大さじ1
  • いりごま        大さじ1
  • 塩           小さじ1/2

タレ

  • ◎醤油         大さじ1と1/2
  • ◎みりん        大さじ1と1/2
  • ◎酒          大さじ1と1/2
  • ◎砂糖         大さじ1

1.下準備

下ごしらえした豚肉と生姜

豚ロース肉は酒、塩・こしょうを振り15分程度置いておく。生姜は千切りにして水にさらす。

 

時間を置くのには下味をつけるだけでなく、臭みを取り常温に戻す目的も。常温に戻すことで縮みが少なくなり剥がれにくくなります。

2.ご飯に生姜とごま油を混ぜ合わせる

生姜とごま油、いりごまを混ぜ合わせたご飯

ご飯にしっかりと水気を絞った生姜とごま油、いりごま、塩を加えて混ぜ合わせる。

3.にぎる

ラップに包んで握った肉巻きおにぎり

ご飯を握る時、豚肉で包む時どちらもラップを使うとしっかりにぎれます。

 

工程2の混ぜ合わせたご飯を8等分にしてたわら状ににぎる。

 

豚ロースはキッチンペーパー水気を拭き取り、にぎったご飯を包みしっかりとにぎる。

4.フライパンで焼く

焼き始める前にタレの材料(◎)を混ぜ合わせておく。

焼き色がついた肉巻きおにぎり

フライパンを中火で温め薄く油をしき、おにぎりの綴じ目を下にして入れる。

 

しっかりと焼き色がついたら裏返して同じように焼き色がつくまで焼く。

 

この時なるべく触らないこと。動かしたくなりますがグッと我慢して焼くのが剥がれにくくするポイント!

側面を焼いている

上下が焼けたら、おにぎり同士を立てかけるようにして側面にも焼き色をつける。

 

場所によって焼き色のムラができるときは、おにぎりを動かすのではなく、フライパンを動かして火の場所を調整しましょう。

5.タレを絡める

タレを加えて煮詰めている

全面に焼き色がついたら綴じ目を上にして混ぜ合わせたタレを加え、底が見えるぐらいまで中火で煮詰める。

 

タレを入れる前に豚肉から油が出ているようなら、キッチンペーパーで拭き取っておきましょう。

タレが絡んでテリがついた肉巻きおにぎり

汁気が少なくなったら全体にタレを絡めて出来上がり!

 

お弁当など冷めてから食べるときは、よりしっかりタレを煮詰めてとろみをつけると絡みが良くなります。

 

お好みでいりごまをちらしてお召し上がりください。

肉巻きおにぎりのレシピ・作り方まとめ

がっつりボリュームたっぷりな肉巻きおにぎりはお弁当にもぴったり。冷めても硬くならないようなレシピになっています。お肉だけでなくご飯にも味付けしておくことで、味馴染みよく風味の良い肉巻きおにぎりに仕上がりますよ。

タイトルとURLをコピーしました