ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方【蒸し焼き&触らないで剥がれない!】

ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方画像

ジューシーな肉だねがぎっしり詰まった「ピーマンの肉詰め」。肉だねの詰め方や蒸し焼きなど、剥がれにくくするポイントを丁寧に紹介。料理初心者でも簡単に作れます!

 

肉汁が残ったフライパンで中濃ソースとケチャップで作る簡単ソースでご飯が進みますよ。

調理時間 30分程度

スポンサーリンク

ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方

ピーマンは7〜8cmぐらいのものがおすすめ。大きめのピーマンを使うときは個数を減らしてください。

材料(2〜3人分)

  • ピーマン     6個
  • ひき肉(合挽き) 300g
  • 玉ねぎ      1/2個
  • 小麦粉      適量
  • ◎パン粉     大さじ3(10g程度)
  • ◎牛乳      大さじ3
  • ◎塩       小さじ1/2
  • ◎こしょう    適量

ソース

  • 中濃ソース    大さじ3
  • ケチャップ    大さじ3

1.下準備

カットして種を取ったピーマンとみじん切りにした玉ねぎ

ピーマンは縦半分に切り種を取り除く。玉ねぎはみじん切りにする。

 

ピーマンの種は無理やり取ろうとすると割れてしまうので、包丁で付け根に切れ目を入れてから取りましょう。

 

玉ねぎは大きいと崩れやすくなるので適度なサイズに。

2.肉だねを作る

粘り気が出るまで揉み込んだひき肉

ボウルにひき肉とみじん切りにした玉ねぎ、◎の調味料を加えて、粘り気が出るまでしっかりと揉み込む。

 

洗い物を少なくしたいときは袋で揉み込んでも◯。肉だねがゆるそうならパン粉を足してください。

3.ピーマンに肉だねを詰める

小麦粉をまぶしたピーマン

ピーマンの切り口に粉ふるいや茶こしを使って薄く小麦粉をまぶす。

肉だねをつめたピーマン

肉だねをピーマンの個数分に等分し、ピーマンのすき間を埋めるように詰める。

 

すき間なく肉だねを詰めるのが剥がれにくくするポイント!ピーマンのすき間にぴったりと密着するように詰めましょう。

4.焼く

肉だねを下にして焼いている

フライパンを中火で熱し薄く油をしいて、肉だねを下にして入れしっかり焼き色がつくまで焼く。

 

焼き始めたら触らないことも剥がれにくくするポイント!動かしたくなりますが、グッと我慢して焼きあげましょう。

蓋をして蒸し焼きにしている

焼き色がついたら水大さじ1を加えて蓋をし、5分程度蒸し焼きにする。

 

時間がたったらお皿に移しておく。

焼きあがったピーマンの肉詰め

火の通り具合は肉だね竹串を刺して肉汁が透明なら◯。ピンク色の肉汁が出るようなら時間を伸ばして火を通しましょう。

 

一般的なサイズのピーマンなら蓋をして5分程度で焼き上がり。裏返さなくて大丈夫です。

 

肉厚なピーマンを使うときは蒸す時間を伸ばすか、焦げそうなら蓋を取って裏返し、2〜3分程度焼きましょう。

5.ソースを作る

煮立ったソース

ピーマンを焼いたフライパンに中濃ソースとケチャップを入れ、中火にかけ煮立たせる。

 

とろみがついたらお皿に移したピーマンにかけてお召し上がりください。

 

ソースは中濃ソース・ケチャップを同じ量で作れます。覚えておくと量を調整したいときや、ハンバーグのソースとしても楽しめますよ。

ピーマンの肉詰めのレシピ・作り方まとめ

剥がれにくくするポイントは「すき間なく詰める」「焼き始めたら触らない」こと。野菜嫌いなお子様もお肉と一緒ならバクバク食べてくれます!炒め物よりは手間がかかりますが、この手間も美味しい調味料。ぜひ楽しみながら作ってみてくださいね。

しいたけの肉詰めの和風あんかけのレシピ・作り方【タレが絡んでジューシー!】
「しいたけの肉詰めの和風あんかけ」のレシピ・作り方。肉厚でジューシーなしいたけとしっかりと肉感のある肉だねが美味...
タイトルとURLをコピーしました