サバ缶ほうれん草カレーのレシピ・作り方【水煮缶&カレー粉で本格的!】

サバ缶ほうれん草カレーのレシピ・作り方画像

サバ缶&カレー粉で作る本格「ほうれん草カレー」。サバの水煮缶を汁ごと使ってうまみたっぷり、ほうれん草をペーストにして綺麗な緑色のカレーに仕上がります。

 

最後にバターを加えることでコクをプラス。ご飯やナンはもちろんトーストしたパンに塗ったり、おつまみとしてお酒とも相性抜群です!

調理時間 40分程度

スポンサーリンク

サバ缶ほうれん草カレーのレシピ・作り方

最後にチーズや生クリームを加えても美味しいです。

材料(2〜3人分)

  • サバ缶(水煮)   1缶
  • ほうれん草     1袋
  • トマト(大)    1個
  • 玉ねぎ       1/2個
  • にんにく      1片
  • カレー粉      大さじ1と1/2
  • 顆粒コンソメ    小さじ1
  • バター       10g
  • オリーブオイル   大さじ1
  • 塩・こしょう    適量

1.下準備

カットしたトマトと玉ねぎ、にんにく

玉ねぎとにんにくは皮を剥いてみじん切りに、トマトは1.5cm角に切る。

2.ほうれん草ペーストを作る

ほうれん草を茹でている

ほうれん草は沸騰したお湯に塩を加えて1分程度、鮮やかになるまで茹でる。

 

茹で上がったら冷水にさらし、水気を絞っておく。

 

※塩の量はお湯に対して1パーセント程度(1リットルに対して小さじ2弱)。

ミキサーにかけたほうれん草ペースト

水気を絞ったほうれん草を3〜4cm幅に切り少量の水を加えながら、ミキサーやフードプロセッサーで滑らかなペースト状にする。

 

※水の量は大さじ2程度。回りにくい時は少量ずつ足して煮込む時間を伸ばしてください。

3.炒める

玉ねぎを炒めている

フライパンにオリーブオイル大さじ1とにんにくを入れ、弱火でふつふつと香りが出るまで炒める。

 

玉ねぎと塩ひとつまみを加えて中火にし、軽く焼き色がつくまで炒める。

炒めた玉ねぎにカレー粉を絡めている

玉ねぎに色がついたらカレー粉を加えてよく混ぜ合わせながら、香りを引き立たせる。

 

鍋底に多少焦げ付くことがありますが、トマトや水を入れると取れるので黒く焦がさないようにだけ注意して、気にせずに炒めましょう。

4.トマト・サバ缶を加える

トマトを加えて煮込んでいる

カレー粉が玉ねぎにまんべんなく混ざったらトマトと顆粒コンソメを加え、柔らかくなったら木べらで潰しながら炒める。

サバ缶を加えてへらでほぐしている

全体が潰せたらサバ缶を汁ごと加えて、木べらでほぐしながら混ぜ合わせる。

5.ほうれん草ペーストを加えて煮込む

ほうれん草ペーストを加えている

工程2のほうれん草ペーストを加えて混ぜ合わせたら中火から弱火で15〜20分、時々底から混ぜながら水っぽさがなくなるまで煮込む。

6.仕上げ

煮詰めたサバ缶ほうれん草カレー

水分が飛びとろみがついたらバターを加えて溶けるまでまぜあわせ、塩・こしょうで味を整えて出来上がり。

 

仕上げに生クリームを回しかけるとよりクリーミーに。時間が経つとスパイス(カレー粉)の香りが飛んでしまうので、ぜひ出来立てをお召し上がりください。

サバ缶ほうれん草カレーのレシピ・作り方まとめ

ほうれん草をペーストにすることで味のなじみがよく見た目も楽しい!ほろっと骨まで柔らかいサバ缶で栄養もたっぷり。普通のカレーに飽きたらぜひ試してみてください。もたっと水分が少なくペースト状なので、チーズを乗せてドリアにしても美味しいですよ。

さば缶カレーのレシピ・作り方【水煮缶&フライパンで簡単!】
さばの水煮缶を丸ごと使ってさばの旨みたっぷり、ほんのりトマトの酸味を感じるカレーに。ルーを使わずカレー粉で仕上げ...
バターチキンカレーのレシピ・作り方【カレー粉+自宅にある調味料で本格!】
クリーミーな「バターチキンカレー」が自宅で簡単に楽しめる!カレー粉+自宅にある調味料で本格的、鶏肉はヨーグルトで...
タイトルとURLをコピーしました