コーンクリームコロッケのレシピ・作り方【ポイントを抑えて失敗しない!】

コーンクリームコロッケのレシピ・作り方画像

とろっとクリーミーな食感とコーンの甘さが絶品な「コーンクリームコロッケ」。柔らかいゆえに形成の難しさや揚げたときに破裂したりと、自分で作るにはハードルが高い、、、

 

今回は失敗しにくくなるポイントと共に、誰でも上手に作れるレシピを紹介!サクサクとろとろなコーンクリームコロッケは子供の大人も大満足。ぜひチャレンジしてみてください。

調理時間 30分程度(冷やす時間を除く)

スポンサーリンク

コーンクリームコロッケのレシピ・作り方

◎の材料はバッター液。卵と小麦粉を別々でつけるよりも衣がしっかり付き、破裂しにくくなります。

材料(3〜4人分)

  • コーン缶      1缶(正味150g程度)
  • 玉ねぎ       1/2個
  • バター       20g
  • 牛乳or豆乳     300ml程度
  • 小麦粉       40g
  • 顆粒コンソメ    小さじ2
  • 塩・こしょう    適量
  • ◎卵        1個
  • ◎小麦粉      20g
  • ◎水        大さじ1
  • パン粉       適量
  • 揚げ油       適量

1.下準備

ザルにあげたコーンとみじん切りにした玉ねぎ

玉ねぎは皮を剥いてみじん切りに、コーン缶はザルにあけて水気を切っておく。

2.玉ねぎを炒める

バターで玉ねぎを炒めている

フライパンにバターを入れて中火にかけ、プツプツとバターが溶けたら玉ねぎを加えて透き通るまで炒める。

3.小麦粉をなじませる

炒めた玉ねぎに小麦粉をまじませている

玉ねぎが炒まったら小麦粉40gを少しずつ加えながら、粉っぽさがなくなるようにヘラなどでなじませる。

 

※このときしっかりと馴染ませておくことで、ダマになりにくくなります。小麦粉が焦げやすいので、火加減に注意しながら手早く混ぜ合わせましょう。

4.牛乳を加えてクリーム状にする

小麦粉を馴染ませた玉ねぎに牛乳を加えている

小麦粉がしっかりと馴染んだら、牛乳を3〜4回に分けて少しずつ加えてクリーム状にする。

滑らかなクリーム状になった

様子を見ながら牛乳を数回に分けて加えながら、ダマができないようにしっかり混ぜ合わせましょう。

 

※牛乳の入れすぎに注意!このときの仕上がりが食べるときの食感になります。冷やすことで硬くなり形成しやすくなりますが、まとめても広がらない程度の硬さに仕上げましょう。

5.味を整える

味付けしてコーンを加えたクリーム

クリーム状になったら顆粒コンソメを加え、塩・こしょうで味を整えて、水気を切ったコーンを加えて混ぜ合わせる。

 

甘いのが好きな方は少し砂糖を加えても美味しく仕上がります。

6.冷やす

コーンクリームをバットに移し冷やす

出来上がったコーンクリームをバットに移し、平らに整えて粗熱を取る。

 

粗熱がしっかり取れたらラップをして冷蔵庫で30分以上(できれば1時間以上)冷やす。

 

※しっかりと冷やすことで硬くなり形成しやすく、あげたときに破裂しにくくなります。

7.衣をつける

混ぜ合わせたバッター液とパン粉

◎の材料をボウルでよく混ぜ合わせてバッター液を作る。

 

冷蔵庫から出したコーンクリームは温度が上がると柔らかくなってしまうので、衣をつけて揚げるまでを出来るだけ手早く。

 

バッター液を作りながら油を温め始めたり、パン粉を用意したり、衣をつけてすぐに揚げれるように準備しておきましょう。

パン粉をつけたコーンクリーム

冷やしておいたコーンクリームを冷蔵庫から出し、バットの中で8等分に区切る。

 

軽くタワラ状に整え、全体にしっかりバッター液がつくようにくぐらせ、パン粉をつける。パン粉をつけたら改めて、形を整えながらしっかりとパン粉をつけましょう。

 

油が温まっていないようなら冷蔵庫に入れておきましょう。

8.揚げる

180度の油で揚げている

180度に熱した揚げ油で3分程度、綺麗なきつね色になるまで揚げる。

 

このとき出来るだけ触らないこと。浮いてきたら1〜2回優しく転がして揚げましょう。

 

揚がったら油を切って出来上がり!お好みでソースをかけてお召し上がりください。

 

※揚げるときの温度は出来るだけ180度程度をキープするように火加減を調整いながら揚げましょう。長時間揚げると破裂して中身が出てしまうことがあるので、きつね色になったらすぐに取り出しましょう。

コーンクリームコロッケのレシピ・作り方まとめ

工程が多く難しいクリームコロッケも、ポイントを覚えておくと意外と簡単に作れます。サクサクに揚がった衣とクリーミーな食感は、ほっぺが落ちそうな美味しさ。これが作れればもう料理上級者!ぜひ作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました