ビーフシチューのレシピ・作り方【じっくりコトコト基本レシピ!】

ビーフシチューの完成画像

洋食の定番!「ビーフシチュー」。ほろっと柔らかいお肉とコクのあるソースが美味しい贅沢な1品で人気の料理ですよね。

 

難しそうに思えるビーフシチューの市販のデミグラスソースを使えば簡単!じっくりコトコト煮込むだけで本格的なビーフシチューに仕上がりますよ。

調理時間 3時間程度

スポンサーリンク

ビーフシチューのレシピ・作り方

牛肉はもも肉やバラ肉のブロックの物をお好みでお使いください。煮込み用やシチュー用として売られているカットしてあるものでも◯。

材料(3〜4人分)

  • 牛肉(煮込み用)    400〜500g
  • 塩・こしょう      少々
  • 玉ねぎ         1個
  • じゃがいも       2個
  • にんじん        1/2個
  • ワイン         1カップ(200ml)
  • 水           1カップ(200ml)
  • デミグラスソース(缶) 1缶
  • ケチャップ       大さじ1
  • バター         20g
  • ブロッコリー      茹でたものをお好みで

1.下準備

カットしたビーフシチューの材料

牛肉は常温に戻して大きめのひとくちサイズに切り分け、塩・こしょうを振っておく。

 

にんじんは乱切り、玉ねぎは1〜2cm幅のくし切りにする。

 

じゃがいもは皮をむき芽や傷みと取り除き、4〜6等分にカットし水にさらしておく(ワインと水で煮込み終わる10分前ぐらいに準備すれば◯)。

 

牛肉は煮込んでいるうちに小さくなるので、少し大きめにカットしておきましょう。

2.牛肉を焼く

バターで牛肉を焼いている

鍋にバターを入れ強火にかけプツプツと鳴り出したら牛肉を入れ、全体に焼き色がつくまで焼く。

3.野菜を加えて炒める

にんじんと玉ねぎを加えて炒めている

牛肉の色が変わったら中火にし、にんじんと玉ねぎを加えて、玉ねぎがしんなりとするまで炒める。

4.ワインを加えて煮込む

煮立って浮いてきたアクをすくっている

玉ねぎが透き通ってきたらワインと水を加えて煮立たせ、浮いてきたアクを取る。

 

※ワインと水の分量は合わせて400mlを目安にお好みで◯。ワインを増やすとコクのある大人な味わいに、お子様も食べるときは少なめに。

 

煮込んでいるときにアルコールは飛ぶので、少なくするときでも1/2カップ程度は入れると風味の良いビーフシチューに仕上がります。

アクを取り蓋をして煮込む

アクを取ったら弱火にして蓋をし、2時間程度じっくり煮込む。

時間が経って汁が少なくなっている

時々底から混ぜ合わせながら煮込みましょう。時間が経つとお肉が崩れやすくなるので優しく。

 

※時間が経つ前に汁気が無くなるようなら、水もしくはワインを加えて煮込みましょう。

5.デミグラスソースを加える

デミグラスソースとじゃがいもを加えて煮込んでいる

時間が経ったら蓋を取り、デミグラスソースとケチャップ、水気を切ったじゃがいもを加える。

 

少し火を強めて煮立たせ、弱火に戻してじゃがいもに火が通るまで煮込んだら出来上がり!

 

甘さが欲しいときは最後に味をみて少量の砂糖を加えても◯。

ビーフシチューのレシピ・作り方トップ画像

お皿に盛り付けお好みで茹でたブロッコリーを添え、生クリームを回しかけてお召し上がりください。

ビーフシチューのレシピ・作り方まとめ

時間はかかりますが煮込むだけなので実は簡単!休日や特別な日にぜひお楽しみください。基本的なレシピになっているので、ワインの量を変えたり、隠し味にウスター・中濃ソースや醤油やみそを加えて自分好みのビーフシチューを楽しむのもおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました