アリゴのレシピ・作り方【マッシュポテトがとろ〜り伸びる!?】

アリゴのレシピ・作り方トップ画像

マッシュポテト?チーズフォンデュ?とろ〜りほっくり美味しいフランス中南部の郷土料理「アリゴ」。

 

マッシュポテトのようにホクホクふんわり食感なのにチーズフォンデュのようにビヨーンと伸びる!バゲットやソーセージ、野菜をつけながら、パーティーやワインにぴったりの1品です。

調理時間 20分程度

スポンサーリンク

アリゴのレシピ・作り方

バゲットやソーセージ、ソテーしたチキンや茹でた野菜など、つけて食べる食材はお好みで!

材料(作りやすい分量)

  • じゃがいも      2個
  • バター        15g
  • おろしにんにく    小さじ1
  • 牛乳         150ml程度
  • モッツァレラチーズ  1個(100g程度)
  • 塩          適量

1.マッシュポテトを作る

詳しい「マッシュポテトのレシピ・作り方」はこちらで紹介しています。

茹でたじゃがいもを潰している

じゃがいもは塩を入れたお湯で皮ごと茹で、熱いうちに皮をむく。

 

鍋に皮を剥いたじゃがいもとバター入れマッシャーやヘラなどで滑らかになるまで潰す。

マッシュしたじゃがいもに牛乳、にんにくを加えて混ぜている

中火でかけ温めながら、牛乳100mlとおろしにんにくを加えてよく混ぜ合わせる。

 

マッシュポテトができたら残りの牛乳を少しずつ加えながら伸ばし、混ぜながらふつふつとするまで加熱する。

 

※牛乳はトータルで150ml程度を目安に、ちょっとゆるいぐらいに加えましょう。

2.モッツァレラチーズを加える

モッツァレアチーズを加えている

ふつふつとしてきたら水気を切ったモッツァレアチーズをちぎりながら加え、滑らかに溶けるまで混ぜ合わせる。

3.味を整えて出来上がり

モッツァレアチーズが溶けて伸びている

モッツァレラチーズが完全に溶けたら塩で味を整えたら完成。

 

※チーズが溶けるまでに水分が飛ぶので、足りないようなら牛乳を加えて粘度を調整しましょう。

 

バゲットやクラッカー、茹でた野菜などにつけてお召し上がりください。チーズフォンデュのようにフォンデュ鍋で温めながら食べると最後までとろ〜とした状態で楽しめますよ。

アリゴのレシピ・作り方まとめ

とろ〜と伸びる不思議なマッシュポテト「アリゴ」。マッシュポテトと同じように作れて簡単!みんなで食べれば盛り上がること間違いなし!じゃがいもで食べ応えもあり、お酒も入らないのでお子様でも食べやすい1品です。

じゃがいもの茹で方と茹で時間【基本は皮付き水から!時短ならレンジで】
ポテトサラダや炒め物など茹でてから使うことの多いじゃがいも。そんなじゃがいもの茹で方を紹介!基本の茹で方から時短...
ジャーマンポテトのレシピ・作り方【ホクホクさっくり!定番じゃがいもレシピ】
じゃがいもレシピの定番「ジャーマンポテト」。じゃがいもは茹でてから多めのオリーブオイルで揚げ焼きするように炒める...
タイトルとURLをコピーしました