くるみ入り田作りのレシピ・作り方【カリカリ香ばしい!おやつにも】

くるみ入り田作りのレシピ・作り方トップ画像

おせちの定番「田作り」にくるみをプラスしてカリッと香ばしい、お子様でも食べやすい1品に。はちみつを使って甘さを出しているので、くるみとよく合いおやつ感覚で食べれます。

 

ごまめは腹わたを丁寧に取り除くことで、苦味やえぐ味のない上品な仕上がりになりますよ。

調理時間 30分程度

スポンサーリンク

くるみ入り田作りのレシピ・作り方

それでは「くるみ入り田作り」のレシピを紹介していきます。

材料(4人分)

  • ごまめ    30g
  • くるみ    30g
  • ◎醤油    大さじ2
  • ◎酒     大さじ2
  • ◎はちみつ  大さじ2

1.ごまめの下ごしらえ

ごまめの腹わたを取っている

ごまめは苦味の元となる腹わた部分を取り除いておく。

 

※頭が取れてしまったり、折れることがあるので、無理せず小さい物は取り除かなくても大丈夫です。

2.乾煎り(空炒り)する

ごまめを乾煎り(空炒り)している

腹わたをとったごまめをフライパンに入れ、箸で混ぜながら弱火で10分程度炒め、取り出しておく。火の通り具合は1匹取り出して軽く冷まし、折ってみてパキッと割れるまで。

 

※乾煎りすることで、香ばしくカリッと仕上がります。火が強すぎると焦げて苦味が出るので、注意しましょう。

くるみを乾煎り(空炒り)している

フライパンをキッチンペーパーなどでサッと拭き綺麗にしたらくるみを入れ、弱火でごまめと同じように10分程度、香ばしい香りが出るまで炒める。

3.タレを絡める

乾煎りしたごまめとくるみにタレを絡めている

くるみが炒まったらごまめを戻し、混ぜ合わせた◎の調味料を入れて汁気がなくなるまで炒める。

4.冷まして完成!

出来上がったくるみ入り田作りをバットに移し、冷ましている

汁気がなくなったらクッキングシートを敷いたバットやお皿に広げ、冷ましたら完成!

 

※冷えると塊になるので、出来るだけ広げて冷ますようにしましょう。

くるみ入り田作りのレシピ・作り方【カリカリ香ばしい!おやつにも】まとめ

ごまめは「まめに生きる」「まめに健康」や田作り「田を作る(豊作)」と縁起のいい料理(食材)としておせちには欠かせない「田作り」。伝統的な田作りもくるみを加えると食べやすく、いつもと違った1品に仕上がります。毎年のおせちのレパートリーとしてぜひ作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました