江戸雑煮(お雑煮)のレシピ・作り方【澄んだお出汁が美味しい!】

江戸雑煮(お雑煮)のレシピ・作り方画像

澄んだお出汁に鶏肉の旨みが溶け出し、すきっと美味しい江戸雑煮。面倒な大根と人参の下ゆでなしのレシピ。少し濃いめにだしをとり、風味豊かな仕上がりになります。

調理時間 20分程度(だしを除く)

スポンサーリンク

江戸雑煮(お雑煮)のレシピ・作り方

それでは「江戸雑煮(お雑煮)」のレシピを紹介していきます。

材料(4人分)

  • 人参   1/3本
  • 大根   3cm程度
  • 鳥もも肉 1枚(200〜250g程度)
  • なると  適量
  • ◎醤油  大さじ2
  • ◎酒   大さじ2
  • ◎みりん 大さじ1
  • ◎塩   小さじ1
  • ゆず皮  適量
  • 三つ葉  適量
  • 角もち  4個

だし

  • 昆布   10cm角1枚
  • 鰹節   15g
  • 水    1リットル

1.だしをとる

江戸雑煮は「だし」の香りと風味が味わいのポイント!少し濃いめに煮出すことで、かつおと昆布の旨みを感じられる雑煮に仕上がります。

 

分量は違いますがより詳しい「だしの取り」はこちらで紹介しています。

鍋に分量の水と昆布を入れ3時間以上置き、昆布を戻す。

 

時間がたったら中火にかけ、昆布の淵からプツプツと小さな気泡が出てきたら昆布を取り出す。

昆布を取り出したら少し火を強め、小さな気泡が上がってきたら火を止め、鰹節を加え触らずに2分置く。

 

時間が経ったら、キッチンペーパーやガーゼを敷いたザルで濾す。

 

※クリアなだしに仕上げるポイントは、鰹節を入れたら触らない事、濾すときはギュウギュウと絞らない事。

2.食材の準備

鶏肉は一口大に切る。大根と人参は皮を剥き5mm幅のいちょう切りにする。ナルトは5mm幅の斜め切りにする。

 

※大根と人参は飾り切りや短冊切りなどお好みで楽しんでください。

小松菜は塩を入れて沸騰させたお湯でサッと茹で、ザルにあげて粗熱をとり、しっかりと絞って水気をきる。

 

水気を絞ったら3cm幅に切り分けておく。

3.煮込む

鍋に工程1で取っただしと◎の調味料、いちょう切りにした大根と人参を入れ中火にかける。

沸騰したら少し火を弱め、鶏肉を加えてアクを取りながら鶏肉に火が通るまで煮込む。

ナルトを加え1〜2分ナルトが温まるまで煮込み、最後に味を整える。

江戸雑煮(お雑煮)のレシピ・作り方画像

器に焼いた餅を入れ汁を注ぎ、小松菜とゆず皮を盛り付けて完成。お好みで三つ葉を添えてお召し上がりください。

 

※江戸風雑煮では角もちを使うのが一般的。網で焦げ目がつくまでしっかりと焼くと、香ばしい風味がより味わいを豊かにします。

江戸雑煮(お雑煮)のレシピ・作り方【澄んだお出汁が美味しい!】まとめ

関東の正月には欠かせない江戸雑煮。透き通ったお出汁はすっきりとしながらも、鶏肉の旨みが溶け出し味わい深い、ほっとするお雑煮に仕上がります。ついついお代わりしたくなるので、ぜひ多めに作ってお正月を楽しんでください。

京雑煮のレシピ・作り方【白みその優しい甘さが美味しい!】
丸もちと白みそを使った京都の正月には欠かせない「京雑煮」。たっぷりの白みそを使って作るため、こうじの風味と優しい...
タイトルとURLをコピーしました