さんまの香草パン粉焼きアンチョビトマトソースのレシピ・作り方

さんまの香草パン粉焼きアンチョビトマトソースのレシピ・作り方画像

さんまの香草パン粉焼きアンチョビトマトソースのレシピ・作り方。和食のイメージが多い「さんま」をハーブ香るお洒落なパン粉焼きに。

 

簡単に作れるアンチョビトマトソースをかければまるでレストランのような1品に仕上がります。ハーブは焼いている時から部屋中に香り、食べれば外はサクサク中はふんわりホクホクのさんまを楽しめます。

調理時間 25分程度

スポンサーリンク

さんまの香草パン粉焼きアンチョビトマトソースのレシピ・作り方

それでは「さんまの香草パン粉焼き」アンチョビトマトソースのレシピを紹介していきます。

材料(2人分)

さんまの香草焼き

  • さんま     2尾
  • にんにく    2片
  • 塩・こしょう  少々
  • パン粉     1/2カップ
  • ローズマリー  小さじ1/3
  • タイム     小さじ1/3
  • セイジ     小さじ1/3
  • オリーブオイル 適量

※ハーブは乾燥の物を使っています。合わせて小さじ1程度を目安にお好みの物をお使いください。

アンチョビトマトソース

  • プチトマト    7〜8個
  • アンチョビ    4〜5尾
  • オリーブオイル  大さじ1
  • 塩        適量
  • 粗挽きこしょう  適量

1.さんまの下ごしらえ

大きさを揃えたさんまにおろしにんにくを塗っている

さんまは大名おろしにし、キッチンペーパーで水気を取っておく。

 

水気を取ったら2〜3等分に(お皿のサイズに合わせて)カットし、両面に塩・こしょうとおろしたにんにくを擦り込む。

 

この時にオーブンを温めておく(200℃)とスムーズに作業できます。

 

さんまのおろし方はこちらで写真付きで紹介しています。

【甘辛タレでご飯がすすむ!】さんまの蒲焼のレシピ・作り方
「さんまの蒲焼」のレシピ・作り方。甘辛い蒲焼のタレがツヤっと絡みご飯とよく合うさんまの蒲焼。写真付きでわかりやす...

2.アンチョビトマトソースを作る

ハーブを混ぜ合わせてパン粉とアンチョビトマトソース

プチトマトは粗みじん切り(縦に6等分、横に半分程度)、アンチョビは細かくみじん切りにし、ボウルでオリーブオイルを加えよく混ぜ合わせる。最後に塩と粗挽きこしょうで味を引き締める。

 

パン粉にハーブ類を加え混ぜ合わせておく。

 

※使うアンチョビによって塩味が異なるため、味を見ながら量を調整してください。

3.オーブンで焼く

パン粉とオリーブオイルをまぶしたさんま

オーブン対応の容器にオリーブオイルを塗り、にんにくを塗ったさんまを並べてパン粉をたっぷりふりかける。

 

スプーンを使い表面にオリーブオイルを回しかけ、200℃に温めたオーブンで13〜15分程度、焼き色が付くまで焼いたら完成!アンチョビトマトソースをまわしかけてお召し上がりください。

 

※お使いのオーブンによって焼き色の付き方に差があるので、様子を見ながら焦げそうならアルミホイルを被せて焼いてください。

さんまの香草パン粉焼きアンチョビトマトソースのレシピ・作り方まとめ

塩焼きや梅煮など和食のイメージが多いさんまですが、実はハーブとの相性も抜群!ハーブの香るサクサクと香ばしいパン粉とホクホクのさんまをぜひ楽しんでみてください。アンチョビトマトソースも簡単に作れてお洒落に仕上がるので、おもてなしや特別な時にもおすすめですよ。

【梅の酸味でさっぱり!】さんまの梅煮のレシピ・作り方
さんまの梅煮のレシピ・作り方。旬のさんまを梅干しと一緒に煮込んで作るさっぱりとした梅煮。 ほろっと...
タイトルとURLをコピーしました