【爽やかな酸味が美味しい!】鶏もも肉のレモン照り焼きのレシピ・作り方

爽やかな酸味が美味しい鳥もも肉のレモン照り焼きのレシピ・作り方画像

「鶏もも肉のレモン照り焼き」のレシピ・作り方。みんな大好きな鶏もも肉の照り焼きにレモンをプラスして、ほんのりレモンの爽やかな風味が香る上品な1品に。

 

作り方も簡単で普段の照り焼きにレモンの輪切りを加えるだけで簡単に作れます!甘辛い照り焼きのタレをレモンの酸味が引き締め、がっつり食べたい時もさっぱり食べたい時も満足のいく1品なのでぜひ楽しんでみてください。

調理時間 20分程度

スポンサーリンク

鶏もも肉のレモン照り焼きのレシピ・作り方

それでは「鶏もも肉のレモン照り焼き」のレシピを紹介していきます。

材料(2人分)

  • 鶏もも肉     2枚(400g程度)
  • 塩・こしょう   適量
  • 小麦粉      大さじ2
  • レモン      1/2個
  • にんにく     2片
  • ◎醤油      大さじ1
  • ◎みりん     大さじ1
  • ◎はちみつ    小さじ1
  • サラダ油     大さじ1

1.鶏もも肉の下ごしらえ

鶏もも肉は皮が縮まないように何箇所か皮面をフォークで刺し、一口サイズに切り分けて塩・こしょうをし、下味をつけ小麦粉をまぶしておく。

 

下味・小麦粉はビニール袋でまぶすと洗い物も少なく、楽チン!ビニール袋に切った鶏もも肉を入れ、塩・こしょうを揉み込み、小麦粉を加え空気でビニール袋をパンと張らせて振ると綺麗にまぶせます。

2.レモン・にんにくの準備

レモンはヘタを落とし、5mm程度の輪切りにし、にんにくは皮を剥き、包丁の背で潰しておく。

 

※香りが気になる方はにんにくは入れなくても大丈夫です。

3.にんにくを炒める

フライパンにサラダ油をしき、にんにくを入れ弱火にかける。

 

にんにくが茶色く焼き色が付き、香りが出るまで炒めます。

4.鶏肉を焼く

にんにくから香りが出たら中火にし、鶏もも肉を皮面を下にして3分程度焼く。

 

皮がパリッとし焼き色がついたら裏返してさらに4〜5分程度焼く。

 

※大きさや厚さによって火の通りが変わるため調整してください。大きくカットした時は裏返してから蓋をして焼くと安心です。

5.タレを煮詰めて完成!

鶏もも肉に焼き色が付き火が通ったら◎の調味料と薄切りにしたレモンを加えて、絡めながらタレにトロミとツヤが出るまで煮込んだら完成!

 

お好みで粗挽きのブラックペッパーを振るとピリッとしたスパイシーさが味を引き締めてくれますよ。

【爽やかな酸味が美味しい!】鶏もも肉のレモン照り焼きのレシピ・作り方まとめ

醤油とレモンは実は相性がいい!こってりとした鶏モモ肉の照り焼きもレモンを加えることで爽やかで風味豊かな仕上がりになります。ご飯はもちろん、サンドイッチにしてもGood!普段の照り焼きにレモンを加えるだけで簡単に作れるのでぜひ作ってみてください。

【ねぎたっぷりの香味タレが美味しい!】油淋鶏のレシピ・作り方
鶏肉のパリとした食感とねぎをたっぷり使った香味タレが美味しい「油淋鶏」。ボリュームたっぷりながら、さっぱりとしたタレで箸が進むこと間違いなし!香味タレは、普段の唐揚げや蒸し鶏にかけても美味しいので、タレだけでも覚えておくと料理の幅が広がりますよ!
【爽やかな酸味がGood!】さつまいものレモン煮のレシピ・作り方
「さつまいものレモン煮」のレシピ・作り方。さっぱりとしたレモンの酸味が冷めても美味しい、簡単に作れるさつまいもの...
タイトルとURLをコピーしました