煮卵と一緒に作る「豚バラ肉の角煮風ジンジャーエール煮」のレシピ・作り方

がっつり食べたい時におすすめ!煮卵と一緒に作る「豚バラ肉の角煮風ジンジャーエール煮」のレシピ・作り方。

 

ジンジャーエールを使うことで面倒な下ごしらえが無く、臭みの少ない本格的な仕上がりに!さらに味付けも煮卵をつけたタレを使うので簡単、楽チンなレシピになっています。

調理時間 45分程度(卵を漬ける時間を除く)

スポンサーリンク

煮卵と一緒に作る「豚バラ肉の角煮風ジンジャーエール煮」のレシピ・作り方

それでは「豚バラ肉の角煮風ジンジャーエール煮」のレシピを紹介していきます。丼にしたりラーメンの具としてもおすすめですよ!

材料(2人分)

  • 豚バラ肉(ブロック) 400g
  • 塩          少々
  • ジンジャーエール   150ml
  • 卵          4個
  • ◎醤油        大さじ3
  • ◎水         大さじ2
  • ◎みりん       大さじ1
  • ◎砂糖        大さじ1/2

煮卵を漬けておく時間がない時は、◎の調味料をジンジャーエールと同じタイミングで加えても作れます。

1.煮卵を作る

煮卵を作る

冷蔵庫から出したての卵を沸騰させたお湯で7〜8分茹で、冷水で冷やしてから皮を剥く。

 

◎の調味料を一度煮立たせ粗熱をとり、保存袋に皮を剥いた卵とタレを入れ、4時間以上冷蔵庫で味を染み込ませる。

 

より詳しい「煮卵」の作り方はこちらで紹介しています。

【3工程で簡単!味染み半熟とろ〜り】煮卵のレシピ・作り方
ラーメンやおつまみに人気の「煮卵」。そんな煮卵を自宅で簡単に作れるレシピです。味がしみてて黄身がとろ〜とした煮卵...

2.豚バラ肉の下ごしらえ

豚バラ肉を適当なサイズに切り分ける

豚バラ肉(ブロック)は常温に戻しておきます。

 

厚さ2cm程度に切り、さらに食べやすいサイズに切り分け塩少々で下味をつけておく。

 

常温に戻しておくことで火にかけた時に縮むのを防ぎ、より柔らかく仕上がります。

3.豚バラ肉を焼く

フライパンに薄く油をしき強火で熱し、豚バラ肉を両面焼き色がつくまで焼く。

 

使うフライパンがテフロン加工などくっつきにくい物を使う場合は油をしかなくても大丈夫です。鉄製やスキレットなどを使うときは軽く油をしいて焼き始めてください。

4.ジンジャーエールと煮卵のタレを加える

豚バラ肉に焼き色がついたら、キッチンペーパーで出てきた油を拭き取る。

 

一度火を弱火にし、ジンジャエールと煮卵をつけておいたタレを加えたら中火に戻し、ときどき豚肉を裏返しながら煮詰める。

 

※ジンジャエールとタレを加えるときに火力が強すぎると一気に沸騰して跳ねることがあるので、タレを加えるときは火を弱めてから加えるようにしましょう。

5.トロミがつくまで煮詰めて完成!

豚バラ肉のジンジャーエール煮完成画像

タレが1/3程度の量になり、トロミがついたら完成!

 

お好みでからしや山椒と一緒にお召し上がりください。

煮卵と一緒に作る「豚バラ肉の角煮風ジンジャーエール煮」のレシピ・作り方まとめ

ジンジャーエールを使うことで材料が少なく、簡単に臭みのない本格的な仕上がりになります。煮卵をつけたタレで味付けも楽チン!丼にすればがっつり食べたい時におすすめなのでぜひ作ってみてください!

【下ゆでがポイント!とろとろ柔らか本格的】角煮のレシピ・作り方
角煮のレシピ・作り方。丁寧に下ゆでをすることで臭みと脂が抜け、とろとろ柔らか中までしっかり味のしみた本格的な仕上...
タイトルとURLをコピーしました