【臭みがなくぷりぷりに仕上がる!】えびの下処理の方法と背わたの取り方

ぷりぷりとした食感が美味しい「えび」。えびフライやエビチリなどで人気ですよね。そんなえびを臭みがなくぷりぷりに仕上がる下処理、背わたの取り方を紹介します。

 

簡単にできる下処理でぷりぷりのえびを楽しみましょう。

スポンサーリンク

えびの下処理

えびを使う時は、背わたを取って臭みを抜く必要があります。その方法を写真付きで紹介していきます。

背わたの取り方

*竹串で指している黒いラインが背わた

えびには背わたがあり、これが残っていると臭みや苦味が残り、食感も悪くなってしまいます。そのため最初に背わたを取ります。殻付き、殻なし両方での背わたの取り方を紹介。

殻つき

殻付きのえびを使う時は殻を剥く前に背わたを取ります。えびを丸めて持ち、節と節の間から竹串を刺してゆっくりと引き抜きます。

 

頭がついたえびの場合は頭と最初の節(人間でいう首の部分)の間から、頭がないえびの場合は2つめの節から竹串が背わたの下に入るように刺して軽く引くと背わたが出てくるので、背わたを指で押さえながら優しく引き抜いてください。

背わたが見えない物でも、やってみると出てくる事があるので上記の通りに竹串で取るようにしてください。

 

背わたが途中で切れてしまった時は、違う節から同じように竹串を刺して同じように抜き取ります。

殻付きのまま背わたを取ると身崩れを防ぎ、茹でて使うときには縮みが少なくなる!

殻なし

殻の付いていないえびの場合も同じように竹串で引き抜きます。

 

えびを半分に折りたたむように丸めて持ち、真ん中から少し頭側の部分から竹串を刺して引き抜いてください。

殻が付いていないえびの場合、身が崩れやすくなるのでより優しく引き抜くようにしましょう。

えびの臭みを取る方法

えびの背わたが取れたら次は「臭み」を取っていきます。しっかりと臭み取りをすることでえびの甘みをより感じられるようになります。

材料(わかりやすい分量)

  • えび             10尾
  • ◎塩     小さじ1
  • ◎酒(もしくは水) 大さじ2
  • ◎片栗粉   大さじ2

酒を使ったほうがより臭みが取れますが水でも大丈夫です。ご自宅にある物を使ってください。

ボウルに殻を剥いたえびと塩を入れ粘り気が出るまで揉み込む。

 

揉む時は、しっかりと力を入れて揉むようにすることでぷりぷりと弾力のある仕上がりになるので、初めての時は潰れそうで怖くなりますがしっかりと揉むようにしましょう。

粘り気が出てきたら酒、片栗粉を加えてさらに揉み込む。

 

片栗粉で揉むことで、えびの臭みや汚れが片栗粉に移ります。

しっかりと揉み込んだら流水で綺麗に洗い流し、サルなどにあげて水気を取る。

 

料理に使う前にキッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取って使ってください。

えびの下処理のポイント!

背わた
竹串を使って優しく引き抜く。
殻付きだと身崩れしにくい。
殻がないえびは優しく。

臭み取り
しっかりと揉むことで弾力のあるぷりぷりの仕上がりに!

【臭みがなくぷりぷりに仕上がる!】えびの下処理の方法と背わたの取り方まとめ

丁寧に下処理、下ごしらえをすることで、えび本来の旨味と食感が楽しめるようになります。ぜひ参考に臭みのないぷりぷりなえびを楽しみましょう!

【揚げないから簡単!プリプリ!】フライパンで作るエビチリのレシピ・作り方
えびのプリプリの食感と甘辛が味わいで、中華料理の中でも人気の高い「エビチリ」。そんなエビチリを自宅で簡単、フライパンで作れるレシピ・作り方。本来は油で揚げて作るエビチリですが、えびの下処理をすることで臭みがなく、フライパンでもプリプリに仕上がります!面倒な油の準備が必要ないので手軽に作れます!
タイトルとURLをコピーしました