【苦味が美味しい!沖縄料理の定番!】ゴーヤチャンプルーのレシピ・作り方

沖縄料理の定番!人気の「ゴーヤチャンプルー」のレシピ・作り方です。ゴーヤのほろ苦い味わいが美味しい夏になると食べたくなる「ゴーヤチャンプルー」。豆腐の水切りやゴーヤの下ごしらえを方法を一緒に紹介!

 

ゴーヤを使った夏らしい沖縄料理を自宅でもぜひ楽しんでください!

調理時間 20分程度

スポンサーリンク

ゴーヤチャンプルーのレシピ・作り方

それでは「ゴーヤチャンプルー」のレシピを紹介していきます。

材料(2人分)

  • ゴーヤ    1/2本
  • 木綿豆腐   1/2丁
  • 豚肉     150g
  • 卵       1個
  • だしの素(顆粒)  小さじ1
  • 醤油     小さじ1
  • 塩・胡椒   少々

このレシピでは木綿豆腐を使っていますが、沖縄の豆腐「島豆腐」を使うと水切りをする手間がなく、より沖縄らしい仕上がりになりますよ。

1.豆腐の水切り

木綿豆腐をキッチンペーパーを2枚重ねにして包み、耐熱容器に乗せてレンジ600wで3分加熱する。加熱したらそのままの状態で5分置き、水気を切る。

 

レンジを使うことで時間がかかる水切りも簡単に時短になります。レンジにかけるときに耐熱容器などで重しをするとより水分が抜けて炒めても崩れにくく美味しくなります。

2.ゴーヤの下ごしらえ

ゴーヤを2mm幅の薄切りにし、塩小さじ1/2(分量外)を振りかけ軽く揉んで5分程度置いておく。歯ごたえを楽しみたい方はゴーヤの厚みを調整してください。

 

時間が経つを水分が出るので、握るようにして水気を切っておく。

 

ゴーヤを塩もみする事でアクが抜け、苦味が抑えられます。ゴーヤの苦さが好き!という方は塩もみをしなくてもOK。

3.豆腐を焼く

フライパンに油をしき中火で熱する。フライパンが温まったら、豆腐を手で食べやすい大きさにちぎりながら入る。

 

各面に軽く焼き色がついたらバットなどに取り出しておく。

4.炒める

先ほどのフライパンに少し油を足して、豚肉を入れ両面焼き色がつくまで焼く。

5.味付け

ゴーヤを加えて軽く炒めたら豆腐を戻し、だしの素を加え混ぜる。鍋肌から醤油を加えて塩・胡椒で味を整える。

 

この後に卵を加えるので少し濃いめの味付けで大丈夫です。

 

沖縄の家庭によっては醤油を入れない所やだしを入れないで作る家庭など様々なバリエーションがあるのでお好みで味付けを楽しんでみてください。

6.卵を加えて完成!

最後に溶いた卵を加えて軽く混ぜ合わせたら完成!お好みで鰹節や白ごまを乗せてお召し上がりください。

沖縄料理の「チャンプルー」とは?

今回紹介した「ゴーヤチャンプルー」、沖縄料理の中でも人気のおかずですよね。実は「チャンプルー」とは沖縄の方言なんですよ。

 

「チャンプルー」=「炒め物・混ぜこぜ」といった意味があり、ゴーヤチャンプルーは、「ゴーヤの炒め物」って事なんです!

 

なので実は、これとこれを入れたらゴーヤチャンプルーになるというより、ゴーヤを使っているからゴーヤチャンプルー(ゴーヤの炒め物)に、ソーメンを炒めればソーメンチャンプルーになります。

 

味付けもご家庭によって様々でいわゆる家庭料理の炒め物の事。みなさんも今回紹介したレシピを参考にチャンプルーを楽しんでみてください!

【苦味が美味しい!沖縄料理の定番!】ゴーヤチャンプルーのレシピ・作り方まとめ

夏になると並ぶようになる「ゴーヤ」を使って、沖縄料理をぜひ楽しんでみてください。豆腐の水切りはレンジでやると時短にもなるので覚えておくと他の料理にも使えて便利ですよ!

 

フライパンで簡単!にんじんしりしりのレシピ・作り方【お弁当にもおすすめ!】
沖縄料理の定番!「にんじんしりしり」のレシピ・作り方を紹介!フランパンで簡単に作れるので、普段のおかずからお弁当などいろんな場面で活躍すること間違いなし!沖縄の家庭料理として親しまれる「にんじんしりしり」をレパートリーに加えてみませんか?
タイトルとURLをコピーしました