【ご飯が進む!混ぜご飯やおにぎりにも】ひじきの佃煮のレシピ・作り方

甘辛い味付けでご飯が進む「ひじきの佃煮」。簡単に作れておにぎりや混ぜご飯にもおすすめのおかず。

 

ひじきの食感と甘辛の味付けで子供も食べやすい、ついつい箸が進んでしまう1品です!

調理時間 20分(ひじきを戻す時間を除く)

スポンサーリンク

ひじきの佃煮のレシピ・作り方

それでは「ひじきの佃煮」のレシピを紹介していきます。

材料(作りやすい分量)

  • ひじき    20g
  • ◎醤油     大さじ1
  • ◎みりん    大さじ1
  • ◎砂糖     大さじ1
  • だし     150ml
  • 白ごま     大さじ1

だしは顆粒の物でもOK。そのときは水で溶いて150mlにする。

1.ひじきを戻す

たっぷりの水にひじきを入れ、30分程度浸けておく。

 

ひじきが戻ったら、一度ざるにあげ余計な水分を落とし、さらに握るようにして水気を絞っておく。

 

お使いのひじきによっては戻し時間が異なることがあるため、パッケージなどで戻し時間を確認してください。

2.ひじきを炒める

フライパンにごま油をしき中火にかける。

 

ひじきを入れ水分を飛ばすように炒め、全体にごま油がなじませる。

3.煮詰める

◎を加えて汁気がなくなるまで煮詰める。

 

汁気がなくなってくるとひじきにツヤが出てくるので、そうなるまで時々かき混ぜながら煮詰めていく。

4.完成!

汁気がなくなり全体にツヤが出たら火を止め、ごまを混ぜ合わせて完成!

 

出来立ても十分に美味しいですが、冷めるとより味が染み込みより美味しくなります。最後にカリカリ梅を刻んで混ぜ合わせてもGood!

 

保存は粗熱が取れてから保存容器に入れ、冷蔵で1週間程度保存できます。

おにぎりや混ぜご飯にしてもおすすめ!甘辛い味付けでご飯が進みますよ!

【ご飯が進む!混ぜご飯やおにぎりにも】ひじきの佃煮のレシピ・作り方まとめ

ついつい箸が進むご飯のお供に最適な「ひじきの佃煮」。ご飯にふりかけてもよし!混ぜご飯、おにぎりにしてもよし!な簡単で甘辛くご飯が進む1品なのでぜひ作ってみてください。

【卵と食べたらただの〇〇!】久世福商店の「食べる、すき焼き」をレビュー!
食べるラー油が一時期人気になりましたが、久世福商店で【食べる、すき焼き】という商品を発見!これはご飯が進みそう!と思い購入して実際に食べてみてレビュー!高級料理として人気のすき焼きを、瓶詰めにした「食べる、すき焼き」一体どんなものなのかパッケージから食べた感想を紹介。
タイトルとURLをコピーしました