【冷凍で1ヶ月!余っても無駄にしない!】万能ネギの保存方法と保存期間

薬味などにちょっと使って余らせてダメにしてしまったり、ちょっとだけ使いたい時におすすめの「万能ネギの保存方法」を紹介します。

 

冷凍保存すれば1ヶ月程度保存が効くので、無駄を少なく毎日の食卓で万能ネギを楽しめますよ。保存方法を紹介しながら保存期間、保存のコツを紹介します!

スポンサーリンク

万能ネギの保存方法と保存期間

薬味から味噌汁、炒め物など名前の通り万能な「万能ネギ」。そのままだとすぐに傷んでしまう万能ネギの正しい保存方法を知って無駄なく楽しみましょう!

万能ネギを保存するときのポイント!

万能ネギを保存するときのポイントは「乾燥」と「水分」です。万能ネギは乾燥に弱く、そのまま置いておくとすぐにしおれてダメになってしまいます。

 

また「水分」にも弱く、水滴が付いていてもその場所から傷んでしまうので注意が必要です。

正しく保存した時の保存期間

  • 冷蔵 2週間程度
  • 冷凍 1ヶ月程度

それではどのように保存すればいいのかを保存方法ごとに紹介していきます。ご自身の使い方に合わせて保存するときの参考にしてみてください。

そのままでの保存方法

万能ネギを買って1週間以内に使う切る時は、そのままの状態で「冷蔵庫」で保存します。

 

濡らしたキッチンペーパーをしぼり根の部分を包み、全体にラップをして保存すると1週間程度保存できます。キッチンペーパーの上からさらに新聞紙で包み、ラップをするとより乾燥を防ぐことができます。

 

スペースがあるようなら、根を下に立てた状態で保存するとより長持ちします。万能ネギに限らず野菜は育った状態で保存することで、余計なエネルギーを使わなくなるので長持ちするようになりますよ。

ちょっとずつ使う時は刻んで保存

薬味や一度に全部使いきれない時は、刻んでから冷蔵庫に入れておくことで2週間程度保存できます。

 

万能ネギを小口切りもしくはみじん切りにして、タッパーなどの保存容器にキッチンペーパーを敷いて万能ネギを入れて保存します。キッチンペーパーが余計な水分を吸い取るので、傷みにくく、長持ちするようになります。

 

2〜3日経つとキッチンペーパーが湿ってくるので、その都度交換して保存してください。

万能ネギのみじん切りのコツ!

束で刻むとバラバラになって均等に切りにくい万能ネギは、輪ゴムを使って刻むと切りやすく綺麗にきれますよ。

 

切り口から5cmぐらいの所にキツくならないように輪ゴムを止めて刻みます。輪ゴムが近くなってきたら切り口から離す、刻む、を繰り返していくとバラバラと広がってしまうのを防いで、均等に綺麗に切れるのでぜひ試してみてください!

1ヶ月持つ!冷凍での保存方法

常備しておくと便利なのが「冷凍万能ネギ」。先ほど紹介した刻んでの冷蔵保存と同様に、小口切り、みじん切りにした万能ネギを一度キッチンペーパーで表面の水分を取り、ジップロックなどの保存容器に入れて冷凍します。

 

バットなどに乗せて平らに、重なりが少なくなるように冷凍すると固まりにくく、使いやすくなります。冷凍しておくことで1ヶ月程度保存ができるので、毎日の味噌汁や薬味としてちょっとずつ使えますよ。

 

冷凍した万能ネギは解凍する必要はなく、調理中や料理の熱ですぐに解凍されるのでそのまま使えます。大量に手に入った時にもおすすめの保存方法です。

冷凍万能ネギで簡単!とろろ焼き

刻んでおいた万能ネギを使って簡単に作れる「とろろ焼き」はいかがですか?トロトロもちもちのとろろと万能ネギの風味で絶品です!

材料(2人分)

 

簡単!とろろ焼きのレシピ・作り方【山芋と青ネギでトロもち食感!】
とろろと言えばそのままご飯やお蕎麦などにかけて食べるイメージが多いと思いますが、実は焼くとトロトロもっちり食感で美味しいんです!ボリュームたっぷりでトロっともっちり美味しい、山芋と青ネギで簡単!「とろろ焼き」。材料も少なく簡単に作れて見た目も楽しいおかずです!

【冷凍で1ヶ月!余っても無駄にしない!】万能ネギの保存方法と保存期間まとめ

余ってしまいがちな万能ネギを正しく保存して、無駄をなくして美味しく楽しみましょう!ちょっとずつ使える冷凍保存は毎日の食卓を華やかにしてくれますよ。最後に紹介した「とろろ焼き」もぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました