【使い方色々!簡単に作れる万能調味料】くるみ味噌のレシピ・作り方

お菓子やパンの具材として人気の「くるみ」。実はご飯のお供としても相性抜群!甘辛い味噌とくるみのほんのりとした苦味が美味しい「くるみ味噌」のレシピ・作り方を紹介します。

 

万能調味料として焼きおにぎりや田楽から炒め物、うどん、そうめんのつゆのベースとしてもおすすめ!いろんなアレンジが楽しめるのでぜひ作ってみてください!

調理時間 15分程度 保存期間 2〜3週間程度

スポンサーリンク

くるみ味噌のレシピ・作り方

それでは「くるみ味噌」のレシピを紹介していきます。

材料(作りやすい分量)

  • くるみ   100g
  • ◎味噌    100g
  • ◎砂糖      50g
  • ◎みりん     50g

1.くるみを砕く

くるみを袋に入れ、めん棒などで叩いて砕く。もしくは包丁で細かく刻んでおく。

 

写真ではジップロックを使っていますが、どんな袋でも大丈夫!薄い袋を使う時は、破れてしまうことがあるので、2重にして叩いてください。

2.くるみを炒る

生のくるみを使って作る時は、フライパンを中火で熱し炒っておく。

3.味噌を煮詰める

フライパンに◎を入れ中火にかけ、ヘラで混ぜながら煮詰めていく。

 

ふつふつとしてきたら火を弱火にしてとろみとツヤが出るまでさらに煮詰める。冷えると硬くなるので、気持ち緩めで大丈夫です。

4.くるみを加えて完成!

とろみ、ツヤが出たら火を止めてくるみを加えれば完成!

 

焼きおにぎりや和え物、料理酒で伸ばして炒め物などいろんな料理に使えるので、アレンジを楽しんでみてください。

【くるみの食感が楽しい!】ほうれん草のくるみ味噌和えのレシピ・作り方
簡単に作れる万能調味料「くるみ味噌」を使った「ほうれん草のくるみ味噌和え」のレシピ・作り方です。くるみのほんのりとした苦味と食感楽しいほうれん草の和え物で、簡単に作れて箸休めやお弁当におすすめです。

保存は瓶詰めに

今回紹介した「くるみ味噌」は2〜3週間程度保存ができます。保存する時は熱湯消毒した密閉できる瓶での保存がおすすめです。

 

沸騰したお湯の中に瓶と蓋を入れ、5分程度グラグラと沸騰したお湯の中で煮込んで取り出し、キッチンペーパーなどの上で口を下にして乾かしたら消毒完了。

 

粗熱の取れたくるみ味噌を入れて冷蔵庫で保存してください。

【使い方色々!簡単に作れる万能調味料】くるみ味噌のレシピ・作り方まとめ

簡単に作れる万能調味料「くるみ味噌」。簡単に作れてアレンジもたくさん!色々と使えるので作り置いてみてはいかがですか?パンに塗ってトーストしても美味しいでのぜひ試してみてください。

【大葉の香りと甘辛い風味でご飯が進む!】大葉味噌のレシピ・作り方
爽やかな香りで薬味やドレッシングに人気の「大葉」。家庭菜園でも作りやすく自宅で育てている方も多いのではないでしょ...
タイトルとURLをコピーしました