【常温?冷蔵?冷凍?長持ちさせるコツ!】にんじんの保存方法と保存期間

値段が安定していて一年中食べられる「にんじん」をおいしく、無駄にしない保存方法を紹介。そのままでの保存方法から常温、冷蔵、冷凍保存、ちょっと手を加えて普段の料理に使いやすい保存方法をお教えします!

スポンサーリンク

にんじんの保存方法と保存期間

にんじんは常温、冷蔵、冷凍と使い方に合わせて保存することができます。保存する時のポイントを交えながら保存期間と共に紹介していきます。

にんじんは「乾燥・湿度」が苦手、保存する時のポイント!

皆さんは普段どのようににんじんを保存していますか?そのままのにんじんを常温で保存したり、袋のまま冷蔵庫にしまっていたり、実はこの保存方法はにんじんを傷みやすくしてしまいます。

正しく保存した時の保存期間
  • 常温  2週間程度
  • 冷蔵  2週間〜1ヶ月程度
  • 冷凍  1ヶ月程度

 

にんじんを長持ちさせるポイントは「乾燥と湿度」です。にんじんは乾燥に弱く、裸のまま保存してしまうと水分が飛び、ひび割れてしまいます。また水に濡れていたり、湿度が高い場所に置いておくと鮮度が下がりカビの生える原因にもなってしまいます。

 

ではにんじんを長持ちさせるにはどのように保存すればいいのかを、保存場所や使い方に合わせた方法を紹介していきます。

基本の保存方法と保存期間

にんじんを保存する場所として最適なのが「冷蔵庫」での保存です。にんじんが鮮度を保ちながら長持ちする適温が0〜5℃と言われているので、出来るだけそれに近い場所で保存するようにしましょう。

 

保存する時は、買ってきた時の袋から出して新聞紙やキッチンペーパーに包み保存します。この時水気や水滴が付いている時はカビや腐りの原因になるので、拭き取ってから包むようしてください。

 

この状態で保存すると2週間〜1ヶ月程度の保存が効きます。保存用の冷蔵庫などで条件が揃えば2〜3ヶ月程度保存できますが、開け閉めの多い冷蔵庫では2週間〜ヶ月程度を目安に状態を見ながら使うようにしましょう。

 

切ったにんじんは断面に空気が当たらないようにしっかりとラップをして冷蔵庫へ。断面は傷みやすいので2〜3日で使い切るようにしてください。

常温で保存する場合

冬場など気温が低い時期は常温でも保存することができます。常温で保存する際も乾燥を防ぐために新聞紙などで包み、温度変化の少ない冷暗所で保存するようにしましょう。

 

夏場など暑い時期は痛みが早いので、出来るだけ冷蔵庫で保存するようにしてください。

 

冬場は常温で2週間程度保存が効きます。切ったあとは断面をラップでしっかりと覆い冷蔵庫に入れて保存します。

使い方に合わせた冷凍保存の方法と保存期間

大量に手に入った時や忙しい方におすすめなのが「冷凍保存」。カットして保存すると料理の時短にも繋がり便利ですよ!

炒め物や味噌汁に使うなら「生のまま冷凍」

にんじんを冷凍保存する場合は基本的には「生のまま」冷凍します。保存期間は1ヶ月程度

 

細切りやいちょう切りなど調理しやすいようにカットしてから冷凍することで、解凍時間が短くなり調理時間の短縮にも繋がります。あまり大きくカットすると解凍後の食感が悪くなるので薄切り、細切りでの冷凍がおすすめです。

 

カットしたにんじんはジップロックなどの袋や保存容器に入れ冷凍します。その時にバットなどで平らに重ならないように冷凍すると、にんじん同士がくっ付くのを防いでくれます。

金属製のバットを使うと早く冷凍できるのでおすすめ!凍った後は外してOK

カレーや煮物に使うなら「茹でて冷蔵」

にんじんは茹でてからも冷凍保存できます。カレーや煮物などに使う時におすすめな保存方法です。生の時と同じようにカットしてから茹でて冷凍することで使いやすくなります。

 

普段の茹で加減よりもやや固め(竹串が芯で止まるぐらい)に茹でたにんじんを、しっかりと水気と粗熱をとり、保存容器に入れて冷凍しましょう。茹ですぎると水っぽくなってしまうので注意!使うときにも火を通すので固めに茹でましょう。

茹でるのが面倒という方におすすめなのがレンジでの加熱!

たくさんのにんじんを茹でて保存するときは水から茹でるのが楽ですが、1本分程度を保存するならレンジが簡単!

・レンジでの加熱の方法

にんじんを使いやすいサイズに切り耐熱容器に入れ、少量の水を入れレンジへ。

  • 1/2本程度なら600wで1分半から2分程度加熱。
  • 1本なら600wで2分から3分程度加熱。

加熱したら冷ましてから保存容器に入れ冷凍してください。

冷蔵保存したにんじんの解凍方法

冷蔵保存したにんじんは基本的には凍ったまま調理して大丈夫です。炒め物やスープなどに凍ったまま使うことで時間も手間もかからないのでおすすめです。

 

大量に冷凍したにんじんを使いたいときは、フライパンや鍋の温度が下がらないように軽くレンジにかけて半解凍にしてから使うようにしましょう。レンジにかけすぎると水分が抜け、旨味が抜け食感も悪くなってしまうので注意してください。

 

生のまま冷凍したにんじんをサラダなどに使いたいときは自然解凍がおすすめ。その場合、冷蔵庫に移してゆっくり解凍させることで水分が出過ぎず、食感もよく解凍できます。

【常温?冷蔵?冷凍するには?】にんじんの保存方法と保存期間まとめ

一年中楽しめる「にんじん」。保存方法を覚えて長く無駄にならないように楽しみましょう。冷凍保存は時間がない時に活躍してくれること間違いなしなのでぜひ試してみてください!

 

【お弁当や作り置きに】にんじんだけ!冷凍もできる簡単レシピ3選!
簡単に作れて冷凍もできる「にんじん」だけで作れる簡単レシピを3つ紹介!冷凍できるので忙しい朝にはお弁当に詰めて自然解凍。お弁当や作り置きにおすすめのレシピになっています。「にんじん」だけで気軽に作れるので作り置いて家事を楽しちゃいましょう!
タイトルとURLをコピーしました