【料理に合わせて使い分けたい!】胡椒の選び方と人気の胡椒おすすめ11選!

スパイスの王様として、様々な料理で活躍する「胡椒」。胡椒は種類や挽き具合など選ぶポイントがあり、料理に合わせて選ぶことでより香りや風味を楽しむことができます。

 

今回はそんな胡椒の選び方を紹介。最後には人気の「胡椒」を種類別におすすめ11選として紹介しているので、胡椒選びの参考にしてみてください!

スポンサーリンク

胡椒の選び方

皆さんは普段どのように「胡椒」を選んでいますか?普段の使い方や使いたい料理に合わせて、胡椒を選ぶことで素材の味を引き出したり、アクセントになったりと料理をより楽しむことができますよ!

胡椒の種類で選ぶ

「胡椒」には、主に4種類あります。それぞれ香り、味、見た目など特徴が異なります。特徴を知って、使いたい料理合わせて胡椒を選んでみましょう。

どんな料理にも合う!「ブラックペッパー(黒胡椒)」

胡椒と聞いて真っ先に思い浮かべるのが、この「ブラックペッパー(黒胡椒)」ではないでしょうか。最も一般的で、香り、辛み共に強く、パンチがあるのが特徴です。

 

どんな料理とも合わせやすい胡椒ですが、その中でも赤身の肉料理、ステーキなどと特に相性が良く、お肉の臭みを取り、味を引き締めてくれます。

 

「ブラックペッパー(黒胡椒)」は胡椒の種類の中でも、使いやすいので、ご家庭に1つ用意しておくと様々な場面で活躍してくれます。

白い料理と相性抜群!「ホワイトペッパー(白胡椒)」

ホワイトペッパーは、優しい香りと上品な辛みで女性的な胡椒で、ほのかに、チーズや土のような香りがあり少し癖があります。

 

白身魚や、ホワイトソース、クリームソースなどの牛乳を使った料理との相性が良く、見た目も邪魔せず綺麗に仕上がります。

爽やかな色とパンチのある辛み!「グリーンペッパー」

グリーンペッパーは、胡椒の中でも辛みが比較的強い種類です。またフリーズドライのように乾燥させたものや、塩漬け、水煮など加工方法がいくつかあります。

 

強い辛みと綺麗な緑色の見た目から、料理のアクセントにしたり、トッピングとして飾られます。

 

クリーム系の料理とも相性がよく、少量でもいいアクセントとして楽しめます。また塩漬けや水煮の物は、細かく刻んでドレッシングやソースによく使われます。

鮮やかな色で料理が映える!「ピンクペッパー」

胡椒に中でも、ひときわ綺麗で鮮やかなのが「ピンクペッパー」。実はこの「ピンクペッパー」は胡椒の実ではなく「ウルシ科」の植物の実が使われていることが多いです。

 

そのため、胡椒のような辛みはなく、ほのかにフルーティーな甘さがあります。

 

サラダやカルパッチョのような冷たい料理との相性がよく、鮮やかな見た目から、スイーツやデザートの飾りとしても使われます。

 

胡椒の種類についてもっと知りたい方はこちらでより詳しく紹介してます!

胡椒の種類と特徴【黒胡椒、白胡椒の違いは?ピンクペッパーは胡椒じゃない!?】
胡椒の種類と特徴について紹介!胡椒の種類についてどれくらい知っていますか?ブラックペッパーやホワイトペッパーなどとなんとなく聞いたことはあるけど、その特徴まで知っているという方は少ないはず!そんな胡椒の種類を特徴と共に紹介しています。

挽き具合で選ぶ

種類の他に、胡椒を選ぶときに注目して欲しいのが、挽き具合です。粗挽きやパウダー状の物など挽き具合によって香りや味の感じ方が変わってきます。

「ホールペッパー(粒)」

ホール(挽いていない粒の物)は、ピクルスやマリネ、煮込み料理など、時間を置く料理に向いています。ゆっくりと香りと辛みが素材に移り、深い味わいを料理に与えてくれます。

 

また胡椒の香りは揮発性のため、挽いてあるものだとどんどん香りが落ちてしまいます。その為「ホールペッパー」をミルなどで挽いて使うことで、胡椒の持つ本来の香りを楽しめます。

「粗挽き」

粗挽きの胡椒は、風味が強く香り、辛み共に感じやすくなります。アクセントやパンチを効かせたい時におすすめで、料理の仕上げにふりかけるだけで料理がワンランク上の仕上がりに!

 

ホールペッパーをミルで挽いて使うようにすると、より一層風味豊かに料理を引き締めてくれます。

 

ただ味や風味が強く、舌触りもある為、かけ過ぎると逆に料理を邪魔してしまうので注意が必要です。

「パウダータイプ」

パウダータイプの物は、下ごしらえから炒め物、仕上げに味を整えたりと様々な場面で活躍してくれます。

 

また、粗挽きの物に比べて、味わいがマイルドな為、和洋中どんなジャンルの料理でも使いやすいので、小瓶に入った物を用意しておくと便利です。

人気の胡椒おすすめ11選!

それでは人気の胡椒を紹介していきたいと思います。タイプや容量などご自身の使い方にあった商品をぜひ見つけてみてください。

 

ここでは一番使いやすい黒胡椒を5商品、他の胡椒はそれぞれ2商品づつ特徴などを踏まえて紹介していきます。それぞれの商品の最後には簡潔に特徴をまとめてあるのでサクッと見たい方はそちらをチェック!

人気の黒胡椒(ブラックペッパー)

それでは黒胡椒(ブラックペッパー)の人気商品を5つ紹介していきます。使い方に合わせてタイプなどを見ながら参考にしてみてください!

GABAN 【ブラックペッパー 荒挽 】

これを買っておけば間違いない!と言われるほど人気があり定番。プロの料理人からも愛されるスパイスメーカー「GABAN」のブラックペッパーです。

 

黒胡椒のワイルドな香りと刺激的な辛さのバランスの良いブラックペッパーで、荒挽タイプなので、ステーキなどの肉料理はもちろんチャーハンやラーメンなどジャンルを選ばずに楽しむ事ができます。

 

プロの料理人からも愛されるその質の高さは、料理にこだわる方にはもちろん「どれを選べばいいのかわからない」という方はこちらの胡椒を選んでおけば間違いですよ!

  • 内容量:100g
  • 原材料:ブラックペッパー
  • 原産国 マレーシア
  • タイプ 荒挽
香り、辛さ共にバランスの取れた胡椒ですが、パンチはやや弱め。最後の仕上げやオールマイティーにいろんな料理に使いたいという人におすすめ!

ユウキ食品 【MC T&Tミルブラックペパー 】

フランスでデザインされた可愛いミル付きの黒胡椒ながら手頃な価格が魅力的!常に挽きたてで新鮮な胡椒の香りを楽しめるのがユウキ食品の「MC T&Tミルブラックペパー」。

 

価格が安いと気になるのが品質ですが、スパイシーさの中に爽やかさのある香りとしっかり辛みがあり、しっかりと料理のアクセントになってくれます。

 

爽やかさもある胡椒なので、肉料理以外にもサラダやシーフードとも相性が抜群!仕上げにさっと引くだけで料理のレベルを上げてくれます。

  • 内容量:35g
  • 原材料:ブラックペッパー
  • 原産国:インド
  • タイプ:ミル付き(粗挽き)
お手頃価格で手軽に挽きたての胡椒を楽しみたい方におすすめ!香り、辛み共に良く、シーフードとも相性が◎

KIRKLAND【シグネチャー ブラックペッパー グラインダー付 】

香りがいい!と評判なのがKIRKLANDの「シグネチャー ブラックペッパー」。その中でもグラインダー(ミル)付きの商品を紹介します。

 

風味や辛さはやや控えめながら、挽きたての香りの良さは抜群!素材の味を引き立ててくれるブラックペッパーです。

 

パンチが欲しい方には物足りないかもしれませんが、風味、辛み、香りのバランスが良いのでどんな料理との合わせやく使いやすい商品です。また容量が多いのでたくさん使いたい方にもおすすめです。

  • 内容量:178g
  • 原材料:ブラックペッパー
  • 原産国:インド
  • タイプ:ミル付き(粗挽き)
「香り」が良くバランスの取れたブラックペッパー。容量も多く使いやすい!特にサラダや料理の仕上げにおすすめ!

マスコット 【ブラックペッパー パウダー】

バランスが良く様々な場面で使いやすいスパイス専門メーカー「マスコット」の「ブラックペッパーパウダー」。

 

下ごしらえから仕上げまでいろんな場面で活躍してくれるパウダータイプの中でも辛み、香り共にバランスの良い胡椒です。強すぎない辛みと風味は素材を生かし、引き立ててくれます。

 

ドレッシングに加えたり、スープに一振りするだけ料理のレベルを上げてくれます。またマスコットの商品は見た目も可愛いので、他のスパイスと一緒に揃えるのもGood!

  • 内容量:35g
  • 原材料:ブラックペッパー
  • 原産国:インド
  • タイプ:パウダー
様々な場面で使いやすいパウダータイプ。素材の味を生かしたい料理や味を整える時におすすめです。

GABAN 【ブラックペッパー ホール】

荒挽タイプでも紹介した「GABAN」のホールタイプの「ブラックペッパー」です。こちらの商品の品質の高さからプロのシェフも使うほど、定番商品!

 

どんな料理にも使いやすいバランスのとれた香りとスパイシーさを持つ優等生。ホールタイプなので、そのままピクルスから煮込み料理に。ミルを使ってお好みの挽き加減で下ごしらえから仕上げまで、使い方に合わせて楽しめます。

 

100gと量が多く500円前後という価格も人気のあるポイントです。ホールタイプを使った事ない方はこちらの商品から使い始めて見てください!

  • 内容量:100g
  • 原材料:ブラックペッパー
  • 原産国:時期によって異なる
  • タイプ:ホール

人気の白胡椒(ホワイトペッパー)

黒胡椒と同じように使いやすい白胡椒(ホワイトペッパー)の人気商品2つを紹介!

マスコット 【ホワイトペッパーパウダー】

きめ細かく挽かれたパウダータイプ、黒胡椒(ブラックペッパー)でも紹介したマスコットの「ホワイトペッパー」。

 

上品で品の良い香りと辛みで、人気のある商品です。魚料理やささみなどの淡白な鶏肉料理などと相性が良く、下ごしらえにも使いやすいきめ細かいパウダータイプになっています。

 

先ほど紹介した「ブラックペッパー パウダー」と一緒に用意しておくと並べた時の見た目も可愛くおすすめです!

  • 内容量:30g
  • 原材料:ホワイトペッパー
  • 原産国:インドネシア
  • タイプ:パウダー
きめ細かいパウダータイプでクリーム系の料理も綺麗に仕上がる!下ごしらえにも使いやすく魚料理や鶏肉料理におすすめ!

ユウキ食品【MC ホワイトペパー(ホウル)袋入】

シーラタイプで保存しやすいホール(粒)タイプのユウキ食品の「ホワイトペッパー(ホール)袋入り」。

 

手軽にホワイトペッパーを楽しみたい方におすすめなのがこちらの商品。ホールタイプなのでお魚のマリネなどの漬け込む料理と相性が良く、同じ価格帯の物より量が多いので、ミルを持っている方はお好みの挽き加減でホワイトペッパーを楽しめます。

 

上品な香りと程よい辛みで魚料理やクリーム系はもちろん、和食とも相性が抜群!シーラータイプの袋になっているので、使わないときの保存のしやすさからも人気のある商品です。

  • 内容量:28g
  • 原材料:ホワイトペッパー
  • 原産国:マレーシア
  • タイプ:ホール(粒)
同価格帯と比べて量が多く、手軽にホワイトペッパーを楽しみたい方におすすめ!魚料理から和食まで様々な料理に使いやすく、保存もしやすい!

人気の緑胡椒(グリーンペッパー)

グリーンペッパーからはタイプの違うおすすめ2商品を紹介!

わかちあいプロジェクト【Fairtrade Green Pepper in Brine】

わかちあいプロジェクト

フェアトレードで生産者にも優しい塩水漬けタイプのグリーンペッパー、わかちあいプロジェクトの「Fairtrade Green Pepper in Brine」です。

 

スリランカで生産された生のグリーンペッパーを塩水につけた商品で、刺激のある辛みと生の胡椒ならではの食感、風味を味わえます。使う前に水にさらして塩抜きをする必要がありますが、生のグリーンペッパーはサラダやカルパッチョとの相性抜群!

 

噛んだ時のプチッという食感と口の中に広がる豊かな風味が料理のアクセントになる事間違いなし。クリームソースやクリームチーズ、スモークサーモンなどとも相性がいい塩水漬けのグリーンペッパーとなっています。

  • 容量:40g(固形量25g)
  • 原材料:グリーンペッパー
  • 生産国:スリランカ産
  • タイプ:塩水漬け
生でしか味わえない食感と刺激的な辛さと豊かな風味。カルパッチョやスモークサーモン、クリーム系と相性がGood!

マスコット 【グリーンペッパーFD】

またまた「マスコット」の商品になってしまいますが、フリーズドライタイプのグリーンペッパーを紹介します。

 

フリーズドライタイプのグリーンペッパーはピクルスやマリネなどの漬け込む料理からミルで挽いてサラダやステーキなどの肉料理におすすめです。

 

白身魚のムニエルなどにもおすすめで、爽やかな香りとパンチのある辛みで、ブラックペッパーとはまた違った味わい風味を楽しめます。

  • 容量:6g
  • 原材料:グリーンペッパー
  • タイプ:フリーズドライ
フリーズドライタイプでそのまま漬け込む料理からミルで挽いて仕上げやアクセントとしておすすめ!クリーム系との相性もGood!

人気のピンクペッパー

見た目も可愛いピンクペッパーの人気の商品を2つ紹介していきます!

VOXSPICE 【ピンクペパー (瓶) 】


有機栽培、無農薬でおしゃれなパッケージで人気の「VOXSPICE」のピンクペパー。農薬や化学肥料を使わない有機栽培で作られるこちらの商品は、質が高く本物を求める方からも人気!

 

鮮やかな赤い色と噛むとほんのりと甘さを感じれる味わいで、サラダからマリネ、スイーツなどを綺麗に彩ります。また有機栽培なので健康に気を使う方や安全面が気になる方におすすめです。

 

鮮やかな赤い色が映える可愛い瓶も人気で、置いておくだけでスタイリッシュに!パーティーや特別な日にもおすすめな商品です!

 

有機栽培、無農薬で安心安全。スタイリッシュな小瓶入りでインテリアにこだわる方にもおすすめ!マリネやスイーツ、和食とも相性がいいピンクペッパーです。

神戸グロサーズ【ピンクペッパー マダガスカル産】

珍しいスパイスや調味料を取り扱う輸入食品の専門店「神戸グロサーズ」のホールタイプのピンクペッパー

 

バランスの取れた香りと味わいでピクルスやサラダと相性がいいピンクペッパーで、同じ価格帯の物と比べると大容量!普段から様々な料理へ使いたい方や、自分でミックスペッパーを作りたいという方におすすめです!

 

袋タイプなので、レビューでは潰れてしまっている粒も混じっていると言う声もありますが、その価格と量を見れば気にならないレベル。シーラー付きの袋で使わない時の保存もしやすく、飾り付けからミルで挽いて料理のアクセントにしたり様々な場面で活躍してくれます。

  • 容量:30g(保存に便利なジッパー付き袋)
  • 原材料:ピンクペッパー【Pink Pepper】
  • 原産国:マダガスカル
  • タイプ:ホール
量が多くて安い!バランスの取れた風味で料理のアクセントから飾り付けまで様々な場面で活躍してくれます。ミックスペッパーやペッパーソルトに使いたい方にもおすすめ!

【料理のアクセントに】胡椒の選び方と人気のおすすめ胡椒11選!まとめ

今回は、スパイスの王様とも呼ばれる「胡椒」の選び方とおすすめ、人気の商品を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?使い方に合わせて胡椒を使い分ける事で料理のレベルが一段と上がるので、ぜひ参考にしてみてください!

こんなにあるの?塩の種類・選び方【食塩,粗塩,岩塩,海塩,おすすめも】
みなさんはどんな塩を使ってますか?食塩や粗塩、岩塩や海水塩など様々な塩があり、買うときに迷った経験があるかと思います。今回は 塩の種類と選び方を紹介!作り方や原材料など、様々な種類があり、使い方に合わせて選ぶことで、食材を引き立て料理をよりおいしくしてくれます。
タイトルとURLをコピーしました