【鮮やかなグリーンが食卓を彩る】ブロッコリーのポタージュのレシピ・作り方

今回は鮮やかなグリーンが食卓を華やかにしてくれる、ブロッコリーを使ったポタージュのレシピ・作り方を紹介します。

 

茹でたり、炒めたりして食べることの多い「ブロッコリー」ですが、ポタージュにも最適!素材の優しい甘みと風味、鮮やかなグリーンの見た目で食卓を彩ってくれますよ。ブロッコリーが手に入ったらぜひ試してみてください!

調理時間 30分程度

スポンサーリンク

ブロッコリーのポタージュのレシピ・作り方

それでは「ブロッコリーのポタージュ」を作っていきましょう。ブロッコリーは冷凍のものを使ってもおいしく作れるので、用意しやすいものを使ってください。

材料(2人分)

  • ブロッコリー       150g(1/2株)
  • 玉ねぎ             1/2個
  • コンソメ(顆粒)  大さじ1/2
  • 水         2カップ
  • 牛乳or豆乳     1カップ
  • 塩・胡椒      少々
  • バター       10g

1.野菜の下ごしらえ

ブロッコリーは小房に分け、たっぷりのお湯に塩を加えて2分程度茹でる。茹で上がったらざるなどにあげて水気を切っておきます。

 

房が大きい時は写真のように、切り込みを入れておくとムラなく茹でることができます。

玉ねぎは皮を剥き薄切りにしておく。

 

今回のポタージュは、少ない材料で作れるレシピにしているため、とろみが少なめに仕上がります。とろみが欲しい方は大さじ1のお米を入れると、甘さも増してとろみがつくので、ぜひ試してみてください。お米の入れ方はこちらを参考に↓

【お米の甘さをプラスして優しい甘さ】にんじんのポタージュのレシピ・作り方
素材の甘みが美味しい「にんじんのポタージュ」のレシピ・作り方。玉ねぎとお米を一緒に煮込むことで、にんじんの甘さを引き立て、濃厚な素材の旨味を存分に感じられるポタージュに仕上がります。牛乳を少なくすればニョッキのソースとしても楽しめるので、ぜひ作ってみてください!

2.炒める

鍋を中火で熱し、バターを入れ溶かす。

 

バターが溶けぷつぷつとしてきたら、先ほど準備したブロッコリーと玉ねぎを入れ、玉ねぎがしんなりするまで炒める。

3.煮込む

玉ねぎがしんなりしたらコンソメと水を加えて、沸騰したら火を弱火にし、蓋をして10分蒸し煮する。

 

蒸し煮をしている間にブロッコリーの豆知識を紹介。

ブロッコリーとカリフラワーの違いは?

ブロッコリーとカリフラワー、どちらも同じような形をしていますが、どのような違いがあるのかご存じですが?

 

ブロッコリーとカリフラワー、色は違うもののどちらも「アブラナ科」でキャベツの仲間です。カリフラワーはブロッコリーが突然変異して、白くなったものを品種改良してできました。

 

色が一番の違いですが、栄養素も少し異なります。ブロッコリーにはβカロテンや葉酸が多く含まれ妊娠中の方や女性に特におすすめ、カリフラワーには熱に強いビタミンCや食物繊維、カリウムが多く含まれます。

 

生の時はブロッコリーの方が、ビタミンCが多いのですが、茹でてから使うことが多い為、熱を加えるとカリフラワーとほぼ同等の量になります。その為カリフラワーは、美容に気を使いたい方やダイエット中の方におすすめです!

4.ミキサーにかける

蒸し煮が終わったら粗熱を取り、ミキサーにかけ滑らかにする。

 

ミキサーにかける時間を短くすると、ブロッコリーのつぶつぶとした舌触りが楽しめおいしく仕上がるので、お好みに合わせて調整してみてください。

 

粗熱を取らずにミキサーにかけると、あふれる事があるので注意してください。

5.温める

4.を再び鍋に戻し、少しずつ牛乳を加え、沸騰しない程度に温める。

 

牛乳や豆乳は沸騰させると風味が落ちたり、分離することがあるので温まればOK。耐熱容器に入れ、レンジで温めても大丈夫です。その時はいきなり沸騰してこぼれることがあるので、少しずつ加熱してください。

6.完成!

温まったら塩・胡椒で味を整えば完成!

 

お好みで、粗挽きの胡椒やクルトンなどを乗せてお召し上がりください。

ブロッコリーのポタージュのレシピ・作り方まとめ

ブロッコリーのグリーンが鮮やかな「ブロッコリーのポタージュ」。素材の旨味と色を生かしたポタージュは食卓を華やかにしてくれますよ。ブロッコリーは冷凍の物でもおいしく作れるので、ブロッコリーのサラダや炒め物に飽きたらぜひ試してみてください!

【お米の甘さをプラスして優しい甘さ】にんじんのポタージュのレシピ・作り方
素材の甘みが美味しい「にんじんのポタージュ」のレシピ・作り方。玉ねぎとお米を一緒に煮込むことで、にんじんの甘さを引き立て、濃厚な素材の旨味を存分に感じられるポタージュに仕上がります。牛乳を少なくすればニョッキのソースとしても楽しめるので、ぜひ作ってみてください!
タイトルとURLをコピーしました