【ねぎたっぷりの香味タレが美味しい!】油淋鶏のレシピ・作り方

油淋鶏のレシピ・作り方画像
鶏肉のパリとした食感とねぎをたっぷり使った香味タレが美味しい「油淋鶏」。ボリュームたっぷりながら、さっぱりとしたタレで箸が進むこと間違いなし!

 

香味タレは、普段の唐揚げや蒸し鶏にかけても美味しいので、タレだけでも覚えておくと料理の幅が広がりますよ!

調理時間 30分程度(鶏肉を漬け込む時間は含まない)

スポンサーリンク

油淋鶏のレシピ・作り方

それでは油淋鶏のレシピを紹介していきます。

材料(2人分)

  • 鳥もも肉   300g(1枚)
  • ◎生姜汁         小さじ1
  • ◎醤油          大さじ1と1/2
  • ◎油                        大さじ1
  • ◎酒                    大さじ1/2
  • ◎塩                    大さじ1/2
  • 小麦粉               大さじ2
  • 揚げ油                     適量

香味タレ

  • *長ネギ     10cm
  • *醤油                大さじ1/2
  • *オイスターソース   小さじ1
  • *お酢                   大さじ2
  • *砂糖               小さじ1/2
  • *ごま油               小さじ1

1.鶏肉の下ごしらえ

鶏肉は、余計な脂身を取り、筋を切るように切れ目を入れて、厚みを揃えておく。

 

皮面は、縮むのを防ぐためにフォークなどで数カ所さしておく。

2.漬け込む

バットに◎を混ぜ合わせ、1の鳥もも肉をつけておく(10〜15分程度)。途中裏返して両面にタレをなじませてください。

 

今回はバットを使用していますが、ジップロックやビニール袋を使うと洗い物が少なく手軽に作れるので、ご自身のやり易い方法でつけ置きしてください・

3.タレを作る

長ネギをみじん切りにし、*を混ぜ合わせておく。

 

すりおろした生姜やにんにくを入れるとより風味豊かに仕上がります。山椒を加えるとより本格的な味わいになるので、お好みでアレンジして楽しんでみてください!

 

油淋鶏とは?

油淋鶏は、揚げた鶏肉に香味ダレをかけて食べる中国の料理です。

 

今回のレシピもそうですが、日本で「油淋鶏」というと唐揚げのように揚げ鍋でたっぷりの油で鶏肉を揚げて作りますが、「油淋」とは少ない油を回しかけるようにして揚げていく調理方法のことなんです!

 

中華鍋でオタマを使って油をかけながら揚げているシーンを見たことがある方も多いかと思いますが、それが「油淋」と呼ばれる調理法です。

 

また本場中国では、骨つきの鶏肉を衣をつけずに揚げた物も多く、お店によりタレも様々で、にんにくや唐辛子を使っていたりと、中国でも人気のあるメニューの1つです。

4.小麦粉をまぶす

工程2でつけておいた鶏肉を、キッチンペーパーなどでしっかりと水気をとり、小麦粉を付け、余分な粉を落としておく。

5.揚げる

揚げ油を170℃の熱し、4を皮面から入れ揚げる。綺麗なきつね色になるまで、皮面を約7分、ひっくり返して約3分。

 

揚がったらバットなどに取り、余計な油を落としておく。

 

揚げているとき、皮面に油をかけるようにしながら揚げると、よりパリパリ感が増しておいしく仕上がります。

6.完成!

食べやすい大きさに切り分け、お好みでレタスの千切りと一緒に、タレをたっぷりとかけてお召し上がりください。

 

鶏肉は皮面を下にして切ると、皮が剥がれにくく、綺麗に切れます。

油淋鶏のレシピ・作り方まとめ

今回は、中国料理の中でも人気の「油淋鶏」のレシピ・作り方を紹介しました。鶏肉のパリパリとした食感とネギをたっぷり使った香味タレで食欲がない時でもさっぱりと食べれるのでぜひ作って見てください!

【爽やかな酸味が美味しい!】鶏もも肉のレモン照り焼きのレシピ・作り方
「鶏もも肉のレモン照り焼き」のレシピ・作り方。みんな大好きな鶏もも肉の照り焼きにレモンをプラスして、ほんのりレモ...
タイトルとURLをコピーしました