トロっと柔らかロールキャベツのレシピ・作り方【包み方も写真で紹介!】

トロッと、とろけるように柔らかいキャベツが美味しい洋食の定番「ロールキャベツ」。今回はコンソメスープで煮込んだシンプルな味付ですが、ひき肉や玉ねぎの優しい旨味が溶け出し、おいしく見た目も楽しめる「ロールキャベツ」に仕上がります。

 

包み方も写真で丁寧に紹介しているので、初心者の方でも挑戦しやすいレシピなので、ぜひ作ってみてください!

調理時間 1時間程度

スポンサーリンク

ロールキャベツのレシピ・作り方

それでは洋食の定番「ロールキャベツ」のレシピを紹介していきます。

材料(2〜4人分)

  • キャベツ        4枚
  • 玉ねぎ        1/2個
  • しめじ      1/2パック
  • ひき肉        200g
  • パン粉                            大さじ3
  • 牛乳                                大さじ1
  • 卵               1/2個
  • 塩・胡椒            少々
  • ナツメグ            少々
  • コンソメ(顆粒) 大さじ1/2
  • 水                                    2カップ
  • 塩(茹でる用)     小さじ1

ひき肉は、何を使ってもおいしく作れるので、お好みに合わせて用意してください。

1.キャベツの準備

キャベツは、付け根に包丁を入れ、一枚ずつ剥がしておく。

2.キャベツを茹でる

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を入れ、2〜3枚ずつ芯から入れて、2〜3分茹でる。全体が浸からないようであれば、箸などで優しく沈めてください。

 

茹で上がったら、ざるなどにあげ、水気を取って置く。

3.パン粉をふやかす

牛乳にパン粉を加え、ふやかして置く。

4.タネ(具)の準備

玉ねぎとしめじは、サイズが同じくらいになるようにみじん切りにする。

 

ボウルに移し、ひき肉、塩こしょう、ナツメグを加える。

5.タネを混ぜ合わせる

工程3で、ふやかして置いたパン粉、溶いた卵を加えて、しっかり粘り気が出るまで混ぜ合わせる。

6.キャベツの芯を切り落とす

茹でたキャベツの、白い芯の部分を包丁で削ぐようにして切り落とす。

 

芯の部分が残っていると、巻きづらいので、薄く厚さを揃えます。

7.タネ(具)を巻いていく

工程5で作ったタネを4等分にし、丸めておく。

 

キャベツを広げ、真ん中よりちょっと手前にタネを置いて巻いていきます。

8.

手前からタネを包むようにひと巻きしてた、左右をたたむ。この時三角形になるようにすると巻きやすく、崩れにくくなります。

 

三角形の上の部分を折り曲げ、巻き上げます。キャベツは煮込んでいくと柔らかく、溶けやすくなるので、折り曲げておくと端から溶けてしまうのを防ぎます。

閉じ目を楊枝で止めて巻き上がりです。残りの3枚も同様に巻いておく。

9.鍋に並べる

巻き終わったら、ぴったりと隙間ができないように鍋に詰め、コンソメと水を加える。隙間ができそうなら、工程6で切り落とした芯を詰めると一緒に食べれるのでおすすめです。

 

ピッタリと隙間なく詰めることで、煮崩れてしまうことを防ぐので、なるべく隙間なく詰めましょう。

10.煮込んで完成!

詰めたら、鍋を中火にかけます。沸騰してきたら火を弱火に落とし、蓋をしてじっくり30分〜1時間程度、キャベツが柔らかくなるまで煮込んだら完成!

 

春キャベツなど柔らかいキャベツを使うときは、長い時間煮込みすぎると、キャベツが溶けてしまうので、煮込む時間を調整してください。逆に固そうなら、様子を見ながら煮込む時間を伸ばしましょう。

11.盛り付け

スープもキャベツやタネのだしが出て美味しいので、一緒に楽しんでください。

 

キャベツが柔らかく、破けやすくなっているので、大きなスプーンなどで優しくすくうように盛り付けると綺麗に仕上がりますよ!

ロールキャベツのレシピ・作り方まとめ

じっくり弱火で煮込む事で、トロッと柔らかな「ロールキャベツ」に仕上がります。スープにもひき肉や玉ねぎの旨味がたっぷりと詰まって、見た目も味も楽しめるのでぜひ作って見てください!

タイトルとURLをコピーしました