【トルコ名物】ハーブとレモンの酸味が爽やかな「サバサンド」のレシピ・作り方

日本人が大好きな「さば」を使ったトルコの名物サンドイッチ「サバサンド」。今回はさばをハーブでマリネ、マスタードとレモンを使ったソースで香り豊かで爽やかな「サバサンド」のレシピ・作り方を紹介します。

 

ボリューミーで食べこたえがあるので、ブランチやランチにおすすめ!意外と知られていないトルコ名物「サバサンド」、バゲットとさばの相性抜群で、やみつきになること間違いなしですよ!

調理時間 15分程度(サバをマリネしておく時間を除く)

スポンサーリンク

ハーブ香る爽やかな「サバサンド」のレシピ・作り方

それではハーブ香る「サバサンド」のレシピを紹介していきます!

材料(2人分)

  • さばの切り身          1枚(を二等分で使用)
  • 白ワイン                      大さじ2
  • ◎ローズマリー        小さじ1/2
  • ◎タイム                    小さじ1/2
  • ◎バジル                    小さじ1/2
  • 塩・こしょう        少々
  • 玉ねぎ         1/2個
  • サニーレタス                2〜3枚
  • △マヨネーズ     大さじ3
  • △マスタード               小さじ1
  • △レモン汁               大さじ1/2

1.さばをマリネする

キッチンペーパーなどで、さばの切り身の水気を取り、大きな骨があるようならとっておく。

 

バットを用意し、さばの両面に◎のハーブ、塩をふりかけ馴染ませて、白ワインをかけて15分程度置いておく。

 

マジックソルトなどのフレーバーソルトでもおいしく作れるので、ご家庭にあるハーブや材料を使い楽しんでみてください。ハーブを使わなくても十分美味しいく仕上がるので、その時は臭みを取る効果もある白ワイン、もしくは料理酒と塩胡椒でつけ置きしてください。

2.野菜の下ごしらえ

サニーレタスは洗って、手で大きめにちぎり、しっかりと水気をとっておく。玉ねぎは皮を剥き、薄切りにして水に10分程度さらしておく。

 

この他にもトマトの薄切りや、紫玉ねぎなどを使うと、より見た目も綺麗でボリューミーに仕上がるので、好きな野菜で楽しんでください。

3.さばを焼く

マリネしておいたさばを、キッチンペーパーなどで水気をとっておく。

 

フライパンにオリーブオイルをしき、中火で熱してさばを両面軽く焦げ目がつくまで焼く。

4.ソースを作る

△を混ぜ合わせてソースを作っておく。

 

マスタードにディジョンマスタードを使うとより爽やかでさっぱりと仕上がります。

5.盛り付けて完成!

バゲットに切れ目を入れて、閉じたままトースターで焼く。

 

バゲットとさばが焼けたらあとはサンドするだけ!バゲットの下の面にソースを塗り、サニーレタス、しっかりと水気を切った玉ねぎ、ちょっとソース、さばの順に重ねれば完成!

 

お好みで粗挽きの胡椒をふりかけてお召し上がりください!

サバサンドのレシピ・作り方まとめ

今回はトルコ名物「さばサンド」を紹介しました!ハーブを使ってさばをマリネすることで、レモンとマスタードの効いたソースとの相性が高まり、爽やかで美味しい「サバサンド」に仕上がります。和食とはまた違った「さば」を楽しめるので、ぜひ作ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました