【簡単!】ピクルスが入ったちょっと大人なタマゴサンドのレシピ・作り方

子供から大人までみーんな大好きな、人気のあるサンドイッチの定番「タマゴサンド」。簡単に作れて朝ごはんからお弁当、ピックニックなど場面で活躍してくれます!

 

今回はピクルスを使って、卵のふわふわな中にピクルスの酸味が美味しいちょっと大人な「タマゴサンド」のレシピ・作り方です。ピクルスを使わなくても十分に美味しいのでぜひ作ってみてください!

調理時間 15分程度

スポンサーリンク

【簡単!】ピクルスが入ったちょっと大人なタマゴサンドのレシピ・作り方

それでは、みんな大好き!ピクルスが入ったちょっと大人な「タマゴサンド」のレシピを紹介していきます。

材料(1〜2人分)

  • 食パン   2枚
  • タマゴ   2個
  • ピクルス  2〜3本
  • ◎マヨネーズ   大さじ3
  • ◎塩       少々
  • ◎胡椒      少々
  • マスタード  大さじ1/2

1.具材の準備

冷蔵庫から出したタマゴを水の状態から約10分茹でておく。冷蔵庫で冷やしておいたタマゴを使うことで、毎回同じような茹で加減にできるますよ!

 

タマゴが茹で上がったら皮を剥いてみじん切りに、ピクルスも同様にみじん切りにしておく。

 

タマゴをみじん切りにするときは、黄身と白身を分けると切りやすくなります。黄身は混ぜる時に崩れるので、少し粗めに切るとちょうどよくなります。

2.混ぜ合わせる

1で準備した具材に◎を加えて混ぜ合わせる。味見をして塩胡椒で味を整えておく。

 

お弁当などに持っていく時は、マヨネーズを少なくして緩くなりすぎないようにすると、時間がたても食べやすくなります。

3.サンドする

具材を乗せる側のパンにマスタードを塗り、2の具材を乗せて、もう1枚のパンで挟み合わせる。

 

今回のレシピでは、「ディジョンマスタード(粒のない物)」を使っていますが、粒ありのマスタードやからしを使っても美味しいので、お好みに合わせて使ってください。

4.少し時間をおく

挟んだ後にすぐ切らないで、2〜3分おいておくとパンと具材が馴染み切りやすくなります。

タマゴサンドといえばどっち?関西と関東で具材が違う!?

皆さんが思い浮かべる「タマゴサンド」の具材は何ですか?今回紹介しているのは、タルタル状にしたタマゴサラダを使ったタマゴサンドですが、実はこれ関東で定番のタマゴサンドなんです。

 

関西で「タマゴサンド」と言ったら「厚焼きタマゴ」を使うことが多いんです。私は関東出身なので、厚焼きタマゴを使った物はあまり馴染みがないですが、この「厚焼きタマゴ」を使ったタマゴサンドは、京都や大阪の喫茶店では定番メニューとして人気があります。

 

最近では、だし巻きタマゴを使った物や、スクランブルエッグ状のタマゴを使った「タマゴサンド」など、様々なバリエーションが登場しているので、地方や喫茶店に言ったらチェックしてみるのもおもしろいですね!

5.完成!

お好みで耳を切り落とし、食べやすいサイズに切り分けたら完成!

 

切るときは軽く包丁を火で温め、一回一回布巾やキッチンペーパーで包丁をふくと綺麗に切ることができます。

タマゴサンドのレシピ・作り方まとめ

今回は、子供から大人まで幅広い世代の方から人気の「タマゴサンド」のレシピ・作り方を紹介してきました。お弁当やピクニック、お花見などいろんな場面で活躍してくれるので、ぜひ作ってみてください!玉ねぎのみじん切りなどを入れるのもおすすめ!
タイトルとURLをコピーしました