【意外と簡単!?】贅沢気分なクロックムッシュのレシピ・作り方

最近パン屋さんやおしゃれなカフェなどでよく見かける「クロックムッシュ」。チーズとぺシャメルソースで外はカリっと中はとろーり、贅沢な気分にさせてくれる「クロックムッシュ」を自宅でも簡単に作れるレシピ・作り方を紹介します!

 

調理時間 20分程度

スポンサーリンク

クロックムッシュのレシピ・作り方

それでは早速「クロックムッシュ」のレシピを紹介していきます。少ない工程で意外と簡単に作れるのでぜひ作ってみてください!

材料(2人分)

  • 食パン          4枚
  • ハム           2枚
  • ミックスチーズ      50g
  • バター          20g
  • 小麦粉        大さじ2
  • 牛乳or豆乳       1カップ
  • 塩・こしょう       少々
  • ナツメグ         少々

チーズにクリュイエールチーズやエメンタールチーズを使うとより本格的な味わいになります。食パンは厚切りを使うとより贅沢気分を味わえますよ!

1,ぺシャメルソースを作る

まずはぺシャメルソースを作っていきます。鍋にバターを入れ、中火で熱しプツプツと泡立ってきたら、小麦粉を加え混ぜ合わせます。焦げやすくなるので注意してください。

 

小麦粉はふるいにかけなくても大丈夫!この時にゴムベラなどでしっかりと小麦粉を溶かすことで、ダマになりにくくなります。

 

ぺシャメルソースとは?

ぺシャメルソースとは、フランス料理の基本となるソースで、バターと牛乳、小麦粉で作る「ホワイトソース」のことです。このぺシャメルソースをベースとして、チーズやトマトピューレを加えて様々なソースが作られます。

 

作り方を覚えておくと料理の幅が広がるので覚えておくと便利!

 

2,とろみをつける

小麦粉が溶けたら、牛乳を少しずつ加えていきとろみをつける。とろみがついたらナツメグを加え、塩・こしょうで味を整える。

 

味が整ったら、容器に移して粗熱をとっておく。少し冷ますことでソースが硬くなり、パンに塗りやすくなります。

 

3,パンに乗せて焼く

パンに具材をサンドしていきます。下になるパンの上に、ぺシャメルソース、ハム、ミックスチーズの順に乗せる。上になるパンには、ぺシャメルソース、ミックスチーズの順に乗せてサンドする。

 

サンドできたらトースターで軽く焦げ目が着くまで焼く。

 

焼き上がるまでの間に「クロックムッシュ」についてまめ知識を紹介。

カリッとした紳士!

クロックムッシュとは、フランス発祥のトーストです。パリのオペラ座の近くにあるカフェが1910年頃に提供したのが始まりと言われています。今でもフランスのカフェなどでは軽食の定番メニューとして人気があります。

 

そしてこの「クロックムッシュ」という名前。これは女性が食べるとサクッと音がすることから、上品でないという理由で、男性用として提供されていたためにこの名前がつきました。現在では、カリッとした紳士として性別問わず楽しまれています。なんともフランスらしい由来ですよね。

 

ちなみに目玉焼きを乗せると「クロックマダム」と言うトーストになります。

 

4,焼いたら完成!

焦げ目がついたら完成!食べやすいサイズに切り分けてお召し上がりください!

クロックムッシュのレシピ・作り方まとめ

今回は贅沢気分を味わえる「クロックムッシュ」のレシピ・作り方を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?休日の朝食やブランチにちょっとひと手間加えて、贅沢な気分を味わってみてはいかがでしょうか?

【お米の甘さをプラスして優しい甘さ】にんじんのポタージュのレシピ・作り方
素材の甘みが美味しい「にんじんのポタージュ」のレシピ・作り方。玉ねぎとお米を一緒に煮込むことで、にんじんの甘さを引き立て、濃厚な素材の旨味を存分に感じられるポタージュに仕上がります。牛乳を少なくすればニョッキのソースとしても楽しめるので、ぜひ作ってみてください!
タイトルとURLをコピーしました