【ポイントを抑えれば絶対煮崩れない!】肉じゃがのレシピ・作り方

家庭料理の中でも特に人気の「肉じゃが」。今回はそんな肉じゃがのレシピを「煮崩れない」ポイントを踏まえながら紹介していきます!

ポイントを抑えることで簡単に、煮崩れせず、ホクホクのじゃがいもの美味しい肉じゃがに仕上がるのでぜひ参考にしてみてください!

 

調理時間 1時間以内(じゃがいもを水にさらす時間、冷ます時間を除く)

スポンサーリンク

肉じゃがのレシピ・作り方【煮崩れないポイントを紹介!】

それでは煮崩れない「肉じゃが」のレシピを紹介していきます!

材料(4人分)

  • 豚肉         250g
  • じゃがいも       2
  • 人参         1/2
  • 玉ねぎ         1
  • しらたき        80g
  • *だし        600cc
  • *醤油       大さじ4
  • *みりん      大さじ4
  • *砂糖       大さじ1
  • さやえんどう(飾り用) 適量

1.食材の準備

野菜は皮をむき、にんじんは乱切り、玉ねぎは4等分、玉ねぎは8等分に切り分けておく。

 

2.じゃがいもを水にさらす

じゃがいもは切ったら水に晒しておく。(10分程度)

じゃがいもを水にさらす理由は2つ!

1.じゃがいもに含まれるアクを取り除き、変色を防ぐため。

2.表面についたデンプンを洗い流し、煮崩れにくくするため。

じゃがいもを水にさらすことで、じゃがいもを溶けにくくし、煮崩れしにくくなります。アクも少なくなるので、仕上がりも綺麗になります。

3.煮込みはじめ

調味料を加えた水に、材料を入れる。この時にお肉をほぐしておく。そうすることで、塊になることを防ぎ、柔らかく仕上がります。

水から煮込む!

水の状態から具材を入れることで、素材にゆっくりと火が入り煮崩れを防ぎ、お肉は柔らかく、じゃがいもや人参はホクホクに仕上がります。

4.煮込む

落し蓋をして強火で煮込み、煮立ったってきたら縁がふつふつとする程度の中火にして、煮汁が半分ぐらいになるまで煮込む。この時に具材には触らない!

汁が減ったら1〜2時間程冷ます。この時点ではまだ味が薄く感しますが、冷めていく時に味が染みていくので大丈夫!また落し蓋は、クッキングシートやアルミホイルでも代用できます。

 

煮込んでいる最中に具材に触らない!

ついつい具材をひっくり返したり、触りたくなってしまいますよね。でもそこはグッと我慢!煮込んだ野菜は柔らかく、崩れやすくなっています。煮込んでいる時は具材に触らないようにすることで煮崩れを防ぎます!

5.仕上げ

冷めたら落し蓋を外して再び火にかけ、スプーンで煮汁を回しかけながら煮詰め、照りがついてきたら、味見をして味を整える。

6.完成!

お好みでさやえんどうなどを添えて、完成!

 

まとめ

今回は煮崩れしないポイントを紹介しながら、日本の家庭料理の「肉じゃが」のレシピを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ポイントを抑えれば意外と簡単に、煮崩れない「肉じゃが」を作れるので、ぜひ作ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました